沖縄労働局第13次労働災害防止計画

 

沖縄労働局第13次労働災害防止計画を推進しています

 
 沖縄労働局では、平成30年度からスタートした「第13次労働災害防止計画(厚生労働大臣公示)」に基づく取組の「官民一体」となった推進に努めています。
 このため、目指すべき社会の実現に向けて、誰もがわかりやすく、共感が得られるよう、沖縄労働局では第13次労働災害防止計画に基づく各種の取組を着実に推進するため、「沖縄労働局第13次労働災害防止計画」(5カ年計画)を策定し、 「Safe Work Okinawa」を 安全な作業のキャッチフレーズとし、また「ひやみかち健康経営」を健康管理推進のキャッチフレーズとして、この二つのキャッチフレーズで、「安全・健康に働くことができる県民職場の実現」に向けて、県内産業界と沖縄労働局並びに各労働基準監督署が一体となった取り組みを推進することとしています。
 計画の内容等は下記のファイルを御覧ください。

○沖縄労働局第13次労働災害防止計画
-安全・健康に働くことができる県民職場の実現に向けて

計画の本文(1623KB; PDFファイル)

計画の概要(89KB; PDFファイル)

【参考】
厚生労働省においては、平成30年2月28日に「労働災害防止計画」を策定し、同年3月19日付けにて公示しています。 
「労働災害防止計画」(厚生労働省のサイトを開きます)

二つのキャッチフレーズについて



Safe Work 」 とは・・・ 安全な作業のキャッチフレーズ
 『 Safe Work 』は、『労働災害防止し安全な職場を実現する』意思を示すもので、国連の専門機関であるILO(国際労働機関)においても使用されているフレーズです。
Safe(安全)の頭文字は 4S(整理 整頓 清潔 清掃)につながります。4Sは、安全な職場、快適で健康な職場作りの基本です。
 また、Work(仕事)の「k」の文字は、安全確認のための指差呼称をする人物を模したものです。
 背景のマークは「未来への架け橋」と虹をイメージしてデザインされたもので、配色の緑は安全衛生旗の「緑十字」を踏まえています。
 本ロゴマークは、「労働災害防止活動の推進」、「事業場内外の安全意識の高揚」等を目的とする場合には自由に御活用いただけますので、「Safe Work」をキャッチフレーズとした労働災害防止に取り組んでいただきたいと考えます。

「Safe Work Okinawa」の詳細はこちら



ひやみかち健康経営とは・・・ 健康管理推進のキャッチフレーズ
 沖縄長寿復活の鍵は働き盛り世代の健康改善にありますが、これは企業経営にとっても大切なことです。社員の健康を大切にすることで、会社の成長力・活力を高める経営概念が「健康経営」と呼ばれ、今注目されています。これは社員の健康増進を経営投資だとする考え方です。なぜなら、企業は人の結いであり、明日の革新を創るのは人だから。
 御社も、「健康経営」を宣言し、健康長寿復活と沖縄経済の飛躍に貢献する企業としてアピールしてみませんか?

「ひやみかち健康経営」の詳細はこちら




この記事に関するお問い合わせ先
労働基準部 健康安全課 TEL:098-868-4402

沖縄労働局 〒900-0006 那覇市おもろまち2丁目1番1号那覇第2地方合同庁舎(1号館)3F

Copyright(c)2000-2011 Okinawa Labour Bureau.All rights reserved.