「倉敷労働基準監督署管内労働災害増加注意報」を発令しました【倉敷労働基準監督署】

  倉敷労働基準監督署管内(倉敷市、総社市、早島町)において、6月、7月の2か月の間に3名もの労働者が亡くなりました。また、休業四日以上の労働災害も増加傾向にあることから、倉敷労働基準監督署(署長:諏訪雅浩)は管内の事業場に向けて「労働災害増加注意報」を発令しました。



チラシのダウンロードはこちらから
 
 本年は新型コロナウイルス感染症の影響で、安全衛生管理活動にも制限があることと思います。このような時でも、誰もが被災者、加害者になるようなことがあってはいけません。安全衛生意識を維持するため、インターネットを活用する等、「3つの密」を避けた安全衛生活動を展開し、築き上げた安全衛生水準を維持しましょう。
 
リンク
  ☞STOP!転倒災害
  ☞エイジフレンドリーガイドライン
  ☞熱中症対策
  ☞職場における新型コロナウイルス感染症予防

【この記事のお問い合わせ先】 岡山労働局労働基準部健康安全課 086-225-2013 

 

 
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒700-8611 岡山市北区下石井1丁目4番1号岡山第2合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Okayama Labor Bureau.All rights reserved.