化学物質取扱業務従事者に係る特殊健康診断の見直しについて(2020年7月1日施行)

 労働安全衛生法及び関係法令に基づき、事業者には、一定の有害業務に従事する労働者に対し、特殊健康診断を行うことが義務付けられています。
  特定化学物質障害予防規則、有機溶剤中毒予防規則等が制定されてから40年以上が経過し、その間、医学的知見の進歩、化学物質の使用状況の変化、労働災害の発生状況など、化学物質による健康障害に関する事情が変化しています。
 このため、今回、国内外の研究文献等の医学的知見に基づき、化学物質取扱業務従事者に係る特殊健康診断の項目を全面的に見直しました。
 それぞれの物質について、健康診断を適切に実施いただくようお願いします。

  パンフレット「化学物質取扱業務従事者に係る特殊健康診断の項目を見直しました(令和2年7月1日施行)」

令和2年3月4日付け基発0304第3号「労働安全衛生規則等の一部を改正する省令の施行について」

(参考)作業条件の簡易な調査における問診票(例)

健康診断個人票等の様式ダウンロードはこちら(厚生労働省HPリンク)

問い合わせ

この記事に関する問合せ先

労働基準部 健康安全課

TEL
075-241-3216

その他関連情報

情報配信サービス

〒604-0846 京都市中京区両替町通御池上ル金吹町451

Copyright(c)2000-2011 Kyoto Labor Bureau.All rights reserved.