在籍出向等により雇用の維持を図る事業主のみなさんを支援します



佐賀労働局では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、
従業員を休業させるなど、雇用の維持に不安を抱える企業」と
人手不足で一時的にでも人材を受け入れたい企業」の、
一定期間の雇用のシェアリング(出向)に対し、支援を実施しています。
元の企業に在籍のまま、在籍出向の制度を活用し、一定期間ほかの企業で働き、
期間満了後は元の企業に戻るという、大切な従業員の生活を守るための
助け合い」の仕組みです。ぜひご活用ください。


メニュー

 
  

    



〈構成員のページへリンク〉
  




お知らせ

●令和3年10月07日 【唐津所】11月4日労働移動支援セミナーを開催します!【参加企業募集中】
●令和3年10月06日 9月30日に労働移動支援セミナーを開催しました
●令和3年08月19日 7月30日に在籍型出向等支援セミナーを開催しました
●令和3年07月28日  独立性が認められない子会社間などの「在籍型出向」も産業雇用安定助成金の助成対象になります
●令和3年06月11日  第1回佐賀県在籍型出向等支援協議会を開催しました。【会議資料】
●令和3年02月18日  2月12日に労働移動支援セミナーを開催しました
●令和2年11月25日  コロナ禍における失業なき労働移動支援のための連携協定を締結しました




佐賀県在籍型出向等支援協議会構成員

 
区分 団体名
経済団体 佐賀県経営者協会
佐賀県商工会議所連合会
佐賀県商工会連合会
佐賀県中小企業団体中央会
労働団体 日本労働組合総連合会佐賀県連合会
金融機関 株式会社 佐賀銀行
株式会社 佐賀共栄銀行
資格者団体 佐賀県社会保険労務士会
支援機関 産業雇用安定センター 佐賀事務所
行政団体 佐賀県産業労働部
九州経済産業局
九州地方整備局
九州運輸局
佐賀労働局職業安定部
 

令和3年9月30日(木)労働移動支援セミナーを開催しました
■開催日 :令和3年9月30日(木) 14時00分~15時30分
■会  場 :ハローワーク鳥栖2階大会議室
■出席者:4事業所5名
■プログラム
 1.在籍型出向について
 2.産業雇用安定助成金について
 3.出向に対応した就業規則の整備について
 4.佐賀県地域活性化雇用創造プロジェクトについて
 5.質疑・個別相談

【セミナーの概要】
 令和3年9月30日、「労働移動支援セミナー」を開催しました。
セミナーには、企業間の労働移動で雇用の安定を図ろうと考える県内の事業所4社から5名の方にご参加いただきました。

 当セミナーは新型コロナウイルス感染症の感染拡大による雇用不安の中、離職者の早期再就職とともに、在籍型出向や転籍等の失業なき労働移動を支援する目的で開催しており、佐賀労働局、(公財)産業雇用安定センター佐賀事務所、佐賀県社会保険労務士会より、制度の趣旨・目的や活用できる助成制度等についてご説明をいただき、佐賀県からは県内企業の経営力強化や職場環境の改善を通じて雇用の創出を目指すプロジェクト「佐賀県地域活性化雇用創造プロジェクト」についてご説明いただきました。
 
 産業雇用安定センターからは、同センターにおける支援の概要と在籍型出向を導入するメリットや留意点、出向元・出向先のマッチングと出向成立までの大まかな流れについて説明がありました。次に佐賀労働局より、在籍型出向を対象とする新たな助成制度(産業雇用安定助成金)の概要等についての案内と令和3年8月1日の制度改正により本助成金の対象となった「グループ会社間の出向」についての説明を行いました。また、社会保険労務士会からは在籍型出向を実施するにあたって就業規則や出向協定書に盛り込むべき内容等の考え方や注意点について、就業規則や出向協定書の作成例を用いて説明がありました。佐賀県からは令和3年8月より開始された、「佐賀県活性化地域雇用創造プロジェクト」の概要についての説明と、今後開催されるセミナーの紹介がありました。
 
 その後、参加者からは、産業雇用安定助成金についての細かい質問や、グループ会社間の出向についての具体的な相談が寄せられたため、個別相談を実施しました。
 
ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。
    

■ 配付資料について 
  【資料1】産業雇用安定センター説明資料
  【資料2-1】佐賀労働局説明資料(産業雇用安定助成金ガイドブック)
  【資料2-2】佐賀労働局説明資料(産業雇用安定助成金のご案内)
  【資料2-3】佐賀労働局説明資料(令和3年8月1日制度改正に関するリーフレット)
  【資料2-4】佐賀労働局説明資料(産業雇用安定助成金ホットラインちらし)
  【資料2-5】佐賀労働局説明資料(労働移動支援相談窓口ちらし)
  【資料3-1】佐賀県地域活性雇用創造プロジェクトリーフレット
  【資料3-2】セミナーチラシ(はがくれ経営者塾)
  【資料3-3】新規雇用で成長を目指す企業の皆様へ 専門家派遣制度のご案内
 
令和3年7月30日(金)在籍型出向等支援セミナーを開催しました
■開催日 :令和3年7月30日(金) 14時00分~15時30分
■会  場 :ハローワーク佐賀3階大会議室
■出席者:10事業所11名、中小企業団体中央会1名
■プログラム
 1.在籍型出向について
 2.産業雇用安定助成金について
 3.出向に対応した就業規則の整備について
 4.働き方改革支援について
 5.質疑・応答 

【セミナーの概要】
 令和3年7月30日、佐賀労働局は「在籍型出向等支援セミナー」を開催しました。
セミナーには、企業間の労働移動で雇用の安定を図ろうと考える県内の事業所10社と経済団体から計12名の方にご参加いただきました。
 セミナーでは、コロナ禍で一時的に雇用過剰となった企業から、人手不足の企業への在籍型出向を活用して雇用を維持するための新たな仕組みをテーマに、佐賀労働局、(公財)産業雇用安定センター佐賀事務所、佐賀県社会保険労務士会より、制度の趣旨・目的や活用できる助成制度等についてご説明をいただきました。
 
 産業雇用安定センターからは、同センターにおける支援の概要と在籍型出向を導入するメリットや留意点について説明がありました。次に佐賀労働局より、在籍型出向を対象とする新たな助成制度(産業雇用安定助成金)の概要等についての案内と令和3年8月1日の制度改正により本助成金の対象となった「グループ会社間の出向」についての説明を行いました。また、社会保険労務士会からは在籍型出向を実施するにあたって就業規則や出向協定書に盛り込むべき内容等の考え方や注意点について、就業規則や出向協定書の作成例を用いて説明があり、その後、参加者からは、産業雇用安定助成金についての細かい質問や、出向のマッチング支援がどのような流れで行われるのか、どのような企業を紹介してもらえるのか等具体的な質問等が寄せられたため、個別相談を実施しました。
 ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。

■ 配付資料について
  【資料1】  (公財)産業雇用安定センター佐賀事務所説明資料
  【資料2-1】佐賀労働局説明資料(産業雇用安定助成金のご案内)
  【資料2-2】佐賀労働局説明資料(令和3年度8月1日制度改正のお知らせ)

※ 佐賀労働局では県内の各ハローワークにてセミナーを開催予定です。
  詳細が決まりましたらホームページ上でお知らせします。
 

令和3年2月12日(金) 労働移動支援セミナーを開催しました
 ■ 開 催 日  :令和3年2月12日(金) 10時00分~11時30分
 ■ 会   場  :アバンセ  第一研修室
 ■ 参加対象者  :雇用の維持が困難な事業所、労働力に余剰のある事業所、人材確保が必要な事業所、労働力が必要な事業所、関係機関、団体

 ■ プログラム
 1.イントロダクション (佐賀県)
 2.労働移動支援概要説明(産業雇用安定センター)
  事例発表/株式会社SUMCO
 3.産業雇用安定助成金・労働関係法令説明(佐賀労働局) 

【セミナーの概要】
 新型コロナウイルス感染症の影響により一時的に生産量等が低下し、雇用調整が必要な企業(出向元企業)と、事業拡大等により労働力が不足している企業(出向先企業)との間の円滑な労働移動を支援するため、出向元企業が自社の労働者について、労働契約を結んだまま、出向先企業の事業所で勤務させる「在籍型出向」について情報発信を図るため、労働移動支援セミナーを開催しました。
 セミナーには、企業間の労働移動で雇用の安定を図ろうと考える県内の企業や経済団体等から約20名の方にご参加いただきました。
 公益財団法人産業雇用安定センター佐賀事務所からは、在籍型出向と労働者派遣、労働者供給事業との違いについて説明いただくとともに、在籍型出向を導入することで、「出向元は従業員を解雇せずに雇用を維持でき、労務費を抑制することが出来るだけでなく、従業員のキャリアアップに繋がる。」、「出向先は良質な人材が確保でき、求人に係る費用を軽減させることが出来る。」という利点について紹介いただきました。
 また、実際に、2年8ヶ月の間に延べ約300名の従業員を在籍型出向により出向させた経験のある株式会社SUMCO様からは「出向者への事前説明の際、出向先の職場環境に関する事だけでなく、銀行や飲食店などの周辺環境についても細かく調べ、出向者の不安を取り除く事が大切。」と事例紹介がありました。

 佐賀労働局からは、在籍型出向を行った際に活用できる支援制度として、新設された「産業雇用安定助成金」について案内するとともに、在籍型出向を実施するにあたっての労働条件や就業規則等についての考え方や注意点について説明させていただきました。

 ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。



■ 配付資料について
  佐賀労働局説明資料(雇用失業情勢と産業雇用安定助成金について)
 


コロナ禍における失業なき労働移動支援のための連携協定を締結しました

新型コロナウィルス感染症の感染拡大による雇用不安の中、県内雇用の安定を図るためには、離職者の早期再就職とともに、在籍出向や転籍等の失業なき労働移動を促進していくことが重要となっています。
このため、佐賀県、佐賀労働局及び企業間の出向や転籍を支援する公益財団法人産業雇用安定センター佐賀事務所の3者が相互に連携し、在籍出向等の失業なき労働移動についての認知を高め、丁寧な求人の掘り起こしとマッチングの支援に取り組むこととしました。

人材確保や人材送出についてお問い合わせ等ありましたら、ぜひご連絡ください。
 


参考資料

協定書(43KB)
事業チラシ(375KB)
政府広報オンライン(在籍出向に関する説明動画)

その他関連情報

情報配信サービス

〒840-0801 佐賀市駅前中央3丁目3番20号佐賀第2合同庁舎

Copyright(c)2000-2015 Saga Labor Bureau.All rights reserved.