治療と仕事の両立支援について

お知らせ

 近年、高齢化の進展等により、労働安全衛生法に基づく一般健康診断の結果、異常所見が認められる方が5割を超えるなど、健康上何らかの問題や疾病を抱えながら働く労働者が増加する傾向にあります。 一方で、診断技術や治療方法の進歩により、疾病を抱えていても離職や休職をせずに治療を受けながら仕事を続けられる可能性が高まってきており、例えば、がんの治療のため、仕事を持ちながら通院している方は32.5万人に上るという推計もあります。

 しかしながら、疾病を抱える方の中には、仕事上の理由で適切な治療を受けることができなかったり、治療と仕事を両立することが困難になったり、離職を余儀なくされたりする事例も見られます。また、多くの企業が疾病を抱えた従業員の対応に苦慮しているという現状もあります。

 そこで、厚生労働省では、疾病を抱える労働者が治療と職業生活を両立できるように、事業場で必要となる支援の取組方法をまとめたガイドラインを作成しました。

 また、企業と医療機関の連携マニュアル等も作成しましたので、ぜひご活用用ください。

 

●治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン等[厚生労働省ホームページ]
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000115267.html
 
●治療と仕事の両立支援ナビポータルサイト
https://chiryoutoshigoto.mhlw.go.jp/

  独立行政法人労働者健康安全機構において、「治療と仕事の両立支援助成金」を運営しております。本助成金は、事業場における両立支援のための制度・体制等の整備促進と制度等を活用した両立支援の取り組み促進を図るうえで効果的であることから、申請を検討されてはいかがでしょうか。
 助成金の手続き、申請様式、Q&A及び要領については、以下の労働者健康安全機構のホームページ及びリーフレットをご参照ください。


●URL:https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/tabid/1251/Default.aspx
リーフレット

 
 

 

その他関連情報

情報配信サービス

〒900-0006 那覇市おもろまち2丁目1番1号那覇第2地方合同庁舎(1号館)3F

Copyright(c)2000-2011 Okinawa Labour Bureau.All rights reserved.