溶接ヒューム等に係る新たな規則に関する説明会を開催します!

 「溶接ヒューム」について、労働者に神経障害等の健康障害を及ぼすおそれがあることが明らかになったことから、労働安全衛生法施行令、特定化学物質障害予防規則(特化則)等を改正し、新たな告示が制定されました。
 現在でも、粉じん則の規定により、金属アーク溶接等作業に従事する労働者には、有効な呼吸用保護具を使用させなければなりませんが、令和4年4月1日以降は、特化則に基づき、溶接ヒュームの濃度測定結果に基づいて呼吸用保護具を選択し、使用しなければなりません。
 また、作業状況により溶接ヒュームの濃度の測定(個人用サンプラー)や、特定化学物質等作業主任者の選任、特殊健康診断の実施等の義務化が適用されます。


〔説明会の内容〕
  溶接ヒューム等に関する改正規則について
  溶接ヒューム作業環境管理・作業管理について
  溶接ヒュームによる健康障害について




 参加申し込みは、次の申込書でFAXにて申し込みください。
 申込書はコチラから

 定員になり次第締め切らせて切らせていただきますので、ご了承ください。

〔この記事のお問い合わせ先〕
 岡山労働局労働基準部健康安全課 086-225-2013

その他関連情報

情報配信サービス

〒700-8611 岡山市北区下石井1丁目4番1号岡山第2合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Okayama Labor Bureau.All rights reserved.