ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > よくあるご質問 > 年次有給休暇 > Q10 定年退職された労働者を引き続き嘱託として雇用する場合には、年次有給休暇はどうなるのですか。

Q10 定年退職された労働者を引き続き嘱託として雇用する場合には、年次有給休暇はどうなるのですか。

A.引き続き雇用する場合は、年次有給休暇の勤続年数は通算します。したがって、改めて再雇用から6か月後に付与するといったことはできません。
 定年退職者を嘱託としての再雇用や臨時工の本採用等は、単なる企業内における身分の切替えであって実質的には労働関係が継続していると認められます。したがって、定年退職者を引き続き嘱託として同一事業場で使用している場合や、臨時工を本採用として引き続き使用する場合は、勤務年数を通算しなければなりません。

このページのトップに戻る

鹿児島労働局

〒892-8535 鹿児島市山下町13番21号鹿児島合同庁舎2階
〒892-0842 鹿児島市東千石町14番10号天文館大樹生命南国テレホンビル 5・8階
〒892-0847 鹿児島市西千石町1番1号鹿児島西千石第一生命ビル1・2・3階

Copyright(c)2003-2017 Kagoshima Labor Bureau.All rights reserved.