ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > よくあるご質問 > 時間外労働・休日労働・深夜労働 > Q3 労働者に対して、時間外労働や休日労働をさせる場合は、どのような手続が必要となりますか。

Q3 労働者に対して、時間外労働や休日労働をさせる場合は、どのような手続が必要となりますか。

A.時間外労働や休日労働をさせるには、書面により労使協定を締結し、それを事業場を管轄する労働基準監督署へ届け出なければなりません。
労使協定をしなくてはならない事項は、次に掲げる項目です。

丸1 時間外労働や休日労働させる必要のある具体的事由
丸2 業務の種類
丸3 労働者の数
丸4 1日及び1日を超える一定の期間についての延長することができる時間又は労働させることができる休日
丸5 協定の有効期間

 (労働基準法第36条)

このページのトップに戻る

鹿児島労働局

〒892-8535 鹿児島市山下町13番21号鹿児島合同庁舎2階
〒892-0842 鹿児島市東千石町14番10号天文館大樹生命南国テレホンビル 5・8階
〒892-0847 鹿児島市西千石町1番1号鹿児島西千石第一生命ビル1・2・3階

Copyright(c)2003-2017 Kagoshima Labor Bureau.All rights reserved.