テレワークの普及促進について

テレワークは、ICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。
 
 

雇用型テレワーク

事業者と雇用契約を結んだ労働者が自宅等で働くテレワークを「雇用型テレワーク」といいます。 
 

情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン

「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)を受け、平成 30 年 2 月 22 日に「 情報通信技術を利用した事業場外勤務の 適切な導入 及び実施のためのガイドライン 」 を策定しました
テレワークにおける適切な労務管理の実施は、テレワークの普及の前提となる重要な要素です。本ガイドラインでは、労働基準関係法令の適用に関する留意点など、テレワークにおける労務管理の留意点を示しています。  
 

事業主、企業の労務担当者の皆さまへテレワークを有効に活用しましょう~新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワーク実施~

 テレワークを実施するに当たっての留意事項や参考資料などを、わかりやすくコンパクトにまとめたリーフレットです。

HOW TO テレワークリーフレット[PDF形式,2.9MB]

 
 

テレワーク相談センターのご案内

テレワーク相談センターにおいて、テレワークに関する様々なご相談について、無料で対応いたします。
テレワーク導入・実施時の労務管理上の課題等についての質問に応じています。また、テレワークの導入を検討する企業に対して労務管理等に関する訪問によるコンサルティングを実施しています。  
 

テレワーク総合ポータルサイト

テレワークに関連する情報を一元化して、テレワーク導入を検討する企業やテレワークに関心のある方に、さまざまな情報を提供しております。
  ☎0570-550348  (受付時間 9:00~20:00(土・日・祝日除く))

【主な掲載情報】
  ・テレワーク全般に関する情報
  ・テレワークに関する相談窓口
  ・助成金など、導入にあたって利用できる制度
  ・テレワークに関連する資料
  ・セミナーやイベント情報
  ・企業の導入事例紹介など
 

セミナーのご案内

 ▶ テレワークセミナー (一般社団法人日本テレワーク協会ホームページへリンク)
 
 

参考

テレワーク普及促進関連事業(厚生労働省ホームページ)
リーフレット「テレワークを活用してみませんか」[PDF形式:425KB]



 
 

自営型テレワーク

自営型テレワークとは、注文者から委託を受け、情報通信機器を活用して主として自宅又は自宅に準じた自ら選択した場所において、成果物の作成又は役務の提供を行う就労をいいます。
例えば、「データ入力」、「テープ起こし」、「ホームページ作成」、「翻訳」、「設計・製図」などがあります。 
 

自営型テレワークの適正な実施のためのガイドライン

 自営型テレワーカー(在宅ワーカー)に仕事を注文する方や仲介事業を行う方は、自営型テレワーカー(在宅ワーカー)に仕事を注文する際には、このガイドラインの内容をしっかりと守るとともに、契約の内容について、自営型テレワーカーとよく協議した上で決めることが望まれます。
   
 

自営型テレワークに関する総合支援サイト「ホームワーカーズウェブ」

自営型テレワークに関する さまざまな情報を提供しております。
 

フリーランス・トラブル110番

フリーランス・個人事業主などで、あいまいな契約やハラスメント、報酬の未払いなどのトラブルについてお悩みの方へのサポートを行っています。 ☎ 0120-532-110  (受付時間 11時30分~19時30分 土日祝日を除く)
 
 

セミナーのご案内

 
 

参考

情報通信機器を利用して自宅などで仕事をしている方へ(自営型テレワーク(在宅ワーク))(厚生労働省ホームページ)



 
   

その他関連情報

情報配信サービス

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目1番3号 神戸クリスタルタワー14・15・16・17階

Copyright(c)2000-2011 Hyogo Labor Bureau.All rights reserved.