労働者派遣事業に関するオンラインセミナーについて

 兵庫労働局では定期的に「Zoom(ズーム)」アプリによるオンラインセミナーを開催しております。
 現在、労働者派遣事業に関するオンラインセミナーの開催を調整しているところですが、今後、オンラインセミナーを開催する際は、こちらに題目や開催日時等を掲載していきます。

 オンラインセミナーに参加ご希望の方は、必ず事前にオンラインセミナーサービス利用規約【PDFにご同意いただくようお願いします。
 また、ウェビナーに関するよくある質問についてはこちら(PDF)をご参照ください。

派遣労働者の同一労働同一賃金について

 派遣元事業主は、派遣先に雇用される通常の労働者との間の均等・均衡待遇の確保(派遣先均等・均衡方式)または、一定の要件を満たす労使協定による待遇の確保(労使協定方式)のいずれかの方式により、派遣労働者の待遇の確保をしなければならないこととされています。
 このうち労使協定方式については、「同種の業務に従事する一般の労働者の平均的な賃金」と同等以上の賃金の額となるものであること等が必要とされています。

〇「同種の業務に従事する一般の労働者の平均的な賃金の額」
  
  → 令和4年度適用    → 令和3年度適用    → 令和2年度適用

〇「労使協定方式に関するQ&A」

  → 第5集   → 第4集   → 第3集   → 第2集   → 第1集

〇「労使協定のイメージ」 
  
  令和4年3月2日公表版  →Word版 →PDF版
   ※
令和4年2月2日公表版に、別表を一部追加した内容となっています。
  令和4年2月2日公表版  →Word版  →PDF版   令和2年12月4日公表版  → Word版  → PDF版

協定対象派遣労働者の賃金の額に関する確認書(同等以上の額であることを確認した旨の書面)のイメージ

  →Word版  →PDF版

〇派遣先均等・均衡方式に関するQ&A

  → 令和元年12月26日公表

〇派遣労働者の同一労働同一賃金解説(厚生労働省YouTubeチャンネルにリンクします)

  → 解説①【派遣先均等・均衡方式】       →解説②【労使協定方式(一般賃金)】
  → 解説③【労使協定方式(一般賃金以外)】   →解説④【派遣先の留意点】   

〇不合理な待遇差解消のための点検・検討マニュアル ~改正労働者派遣法への対応~ 労働者派遣業界編

  → 全体   → 第1部   → 第2部   → 第3部   → 第4部

〇その他(業務取扱要領)

  → 令和4年4月版 ※厚生労働省のホームページに遷移します。     
                  

各種制度・手続き等

〇労働者派遣事業許可申請
 
 労働者派遣事業を行うにあたっては、厚生労働大臣に対して申請書を提出して、許可を受ける必要があります。また許可を受けるには欠格事由に該当しないうえで、許可基準を満たす必要があります。

〇労働者派遣事業許可有効期間更新申請

 許可の有効期間満了後に、引き続き労働者派遣事業を行うためには、許可の有効期間が満了する日の3ヶ月前までに、許可の有効期間の更新申請を行ってください。

 → 許可有効期間の更新申請に関する、資産要件の特例措置について【PDF】

〇労働者派遣事業各種変更の届出
 
 許可を受けた事業主において、名称・所在地・役員・派遣元責任者の変更を行った場合に必要となります。

〇各種事業報告

 労働者派遣の実績の有無にかかわらず、毎年度提出する必要があります。

※上記申請・届出・報告は、事業主管轄労働局(原則として本店所在地を管轄する労働局)で行ってください。

◆申請・届出・報告に必要となる書式等は労働者派遣事業関係様式集のページから取得してください。

◆許可等にかかる要件、手続き等の詳細については、許可・更新等手続きマニュアル(厚生労働省のホームページにリンクします)を参照願います。

 

労働者派遣事業適正運営協力員制度

制度の詳細等についてはこちらをご覧ください。
 

リーフレット集

 

このページに関するお問い合わせ
需給調整事業課
TEL:078-367-0831

その他関連情報

情報配信サービス

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目1番3号 神戸クリスタルタワー14・15・16・17階

Copyright(c)2000-2011 Hyogo Labor Bureau.All rights reserved.