令和3年度(強化版)冬季無災害運動の実施について


 
~転倒災害・交通災害・除雪機械災害・屋根からの墜落災害を未然に防ぎましょう!~
 
 例年、降雪期特に12月から翌年2月までの期間は、凍結、圧雪路面での転倒災害、屋根雪の除去作業中の墜落災害、除雪機械によるはさまれ・巻き込まれ災害等の北陸特有の労働災害が多発する季節です。
 富山労働局管内においては、令和2年12月から令和3年2月までの期間に発生した労働災害は、令和元年12月から令和2年2月までの期間に発生した労働災害に対し57人約21%の増加となったところです。
 12月から翌年2月までの期間に発生した労働災害は、製造業、商業、建設業、運輸交通業など様々な業種において発生しています。
 
 本年は、前年度冬季の労働災害の多発を踏まえ、強化版として事前の気象情報及び交通情報の把握把握した情報の関係者への周知徹底の取り組みを実施いただくこととし、

  令和3年12月1日から令和4年2月28日までの間 

令和3年度(強化版)冬季無災害運動実施要綱に基づき、労働災害の防止に向けた運動を展開します。
 事業者の皆様におかれましては、「令和3年度(強化版)冬季無災害運動実施要綱」に基づき、冬季における労働災害を防止するため要項の実施事項に取り組んでください。
 
1.「令和3年度(強化版)冬季無災害運動実施要綱」こちら
 
2.冬季無災害運動リーフレットはこちら
 
3.冬季における労働災害の発生概況はこちら
 

問い合わせ

この記事に関するお問合せ先

富山労働局 労働基準部 健康安全課

TEL
076-432-2731

その他関連情報

情報配信サービス

〒930-8509 富山市神通本町1丁目5番5号富山労働総合庁舎

Copyright(c)2000-2011 Toyama Labor Bureau.All rights reserved.