ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > よくあるご質問 > 就業規則・法令等の周知 > Q7 就業規則などの周知は、どのような方法で行えばよいのでしょうか。

 Q7 就業規則などの周知は、どのような方法で行えばよいのでしょうか。

A.

丸1 常時各作業場の見やすい場所に掲示・備え付ける
丸2 書面で交付する
丸3 磁気テープ、磁気ディスクその他これらに準ずる物に記録し、かつ各作業場に労働者が当該記録の内容を常時確認できる機器を設置する

のいずれかの方法で周知しなければなりません。


 
このページのトップに戻る

鹿児島労働局

〒892-8535 鹿児島市山下町13番21号鹿児島合同庁舎2階
〒892-0842 鹿児島市東千石町14番10号天文館大樹生命南国テレホンビル 5・8階
〒892-0847 鹿児島市西千石町1番1号鹿児島西千石第一生命ビル1・2・3階

Copyright(c)2003-2017 Kagoshima Labor Bureau.All rights reserved.