ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > よくあるご質問 > 時間外労働・休日労働・深夜労働 > Q12 定額残業手当を超えた場合の割増賃金の支払い方法はどのようにしたらよいですか。

Q12 定額残業手当を超えた場合の割増賃金の支払い方法はどのようにしたらよいですか。

A.定額残業手当の額が、実際に行われた時間外労働に対し労働基準法上支払うべき最低基準の割増賃金額を上回る限り、とくに違法の問題は生じません。
 しかし、その額が労働基準法に従い算定される額を下回るときは、法定の最低基準に満たない部分についてはその差額を支払わなければなりません。
 また、割増賃金についても労働基準法第24条で定める「全額払いの原則」および「毎月払いの原則」の適用がありますから、当該計算期間における割増賃金は当該月において決裁する必要があります。

このページのトップに戻る

鹿児島労働局

〒892-8535 鹿児島市山下町13番21号鹿児島合同庁舎2階
〒892-0842 鹿児島市東千石町14番10号天文館大樹生命南国テレホンビル 5・8階
〒892-0847 鹿児島市西千石町1番1号鹿児島西千石第一生命ビル1・2・3階

Copyright(c)2003-2017 Kagoshima Labor Bureau.All rights reserved.