ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > よくあるご質問 > 個別労働紛争解決制度関係 > Q8 総合労働相談コーナーというものがありますが、労働基準監督署の相談窓口とどのように違うのですか。

Q8 総合労働相談コーナーというものがありますが、労働基準監督署の相談窓口とどのように違うのですか。

A. 労働基準監督署にも相談窓口がありますが、労働基準監督署は労働基準法などの法令の施行に関する事務を行っていることから、法令に書いてあることはできますが、書いていないことはできないというように、おのずと対応に限界があります。例えば、労働基準監督署では、労働基準法違反の問題については行政指導できますが、労働基準法違反ではないけれども民事上の問題、すなわち解雇の有効性や労働条件の変更の有効性などの問題に関して行政指導などを行う権限はありません(いわゆる、民事不介入の原則)。これと異なり総合労働相談コーナーは、労働問題に関するあらゆる分野の相談に対応し、情報提供を行うところです。労働基準監督署のように法令に基づき行政指導などを行う権限はありませんが、その守備範囲は広く、労働基準監督署で対応できない問題であっても相談でき、情報を提供することなどができます。


 
このページのトップに戻る

鹿児島労働局

〒892-8535 鹿児島市山下町13番21号鹿児島合同庁舎2階
〒892-0842 鹿児島市東千石町14番10号天文館大樹生命南国テレホンビル 5・8階
〒892-0847 鹿児島市西千石町1番1号鹿児島西千石第一生命ビル1・2・3階

Copyright(c)2003-2017 Kagoshima Labor Bureau.All rights reserved.