ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 法改正のご案内 > 育児・介護休業法の改正について(令和3年1月1日施行)

 

育児・介護休業法の改正について(令和3年1月1日施行)

 令和元年12月27日に改正育児・介護休業法施行規則及び改正指針が公布又は告示されました。施行日は令和3年1月1日です。

 この改正により、令和3年1月1日からは、育児や介護を行う労働者が、子の看護休暇や介護休暇を時間単位で取得することができるようになります。

 

○解説資料 

 ・子の看護休暇・介護休暇が時間単位で取得できるようになります!(リーフレット)(PDF)

 ・子の看護休暇・看護休暇の時間単位の取得に関するQ&A(PDF)

 ・育児・介護休業法について(厚生労働省へのリンク) 

 

○平成29年改正の内容 

  平成29年10月改正の内容 

  平成29年1月改正の内容 

 

○職業家庭両立推進者の選任について

 育児や家族介護を行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立が図られるようにするためには、育児・介護休業法に基づき講ずべき各種措置を制度化させ、これを円滑に実施するとともに、「男は仕事、女は家庭」というような固定的な性別役割分担意識の解消や職場優先の企業風土の是正を図るため、社内の理解を深めることが極めて重要です。

 このため、育児・介護休業法第29条において、事業主に対し、企業全体の雇用管理方針の中で仕事と家庭との両立を図るための取組を企画し、実施するという業務を担当する「職業家庭両立推進者」を選任するように努めなければならないと規定されています。
 これを踏まえ、厚生労働省では、企業全体の人事労務管理について責任を有する方の選任をお願いしています。

 まだ選任していない企業におかれましては、すみやかに選任の上、以下の「選任・変更届」により郵送またはFAXでお送りください。

 

 選任・変更届 ※機会均等推進責任者・職業家庭両立推進者と共通です。

 

 

 

20150623aedbana.png中小企業を経営されている方へ2015811sutoresu.jpgあかるい職場応援団

 

ハローワークサービス憲章 ホットライン.png厚労省人事労務マガジン東日本.png

 

 

 

北海道労働局 〒060-8566  北海道札幌市北区北8西2-1-1 札幌第1合同庁舎3・8・9F

Copyright(c)2000-2014 Hokkaido Labor Bureau.All rights reserved.