職員採用関連情報

厚生労働事務官採用情報

<国家公務員採用一般職試験(大卒程度)受験者の皆様へ>

令和6年度 官庁訪問の実施について【国家公務員採用一般職試験(大卒程度)】

令和6年度 業務説明会の開催について【国家公務員採用一般職試験(大卒程度)】
 広島労働局の職員として働きたい方に向けた説明会を開催します。
 

令和6年度職場体験実習について

令和6年度広島労働局 職場体験実習の募集について   NEW! 
 ただいま、申込受付中です。  
   興味がある方はぜひご参加ください!

労働基準監督官採用情報

〇労働基準監督官(Labour Standards Inspector)とは
 全国約410万の事業場で働く、約5,300万人の労働者が安心して働ける職場環境を実現するためには、労働基準法などで定められた労働条件が確保され、その向上が図られることが重要です。
 厚生労働省の専門職員である労働基準監督官は、労働基準関係法令に基づいて事業場(工場や事務所など)に立ち入り、事業主に対して、法に定める労働条件や安全衛生の基準を遵守させるため、必要な指導を行い、労働条件の確保・向上と働く人の安全や健康の確保を図ります。
 また、不幸にして労働災害に遭われた方に対する労災補償の業務も行います。
 労働基準監督官は、人事院・厚生労働省が実施する「労働基準監督官採用試験」に最終合格し、その後、定住を希望する労働局における面接を経て採用となります。

○PR動画
 労働基準監督官の役割などについて監督官や労働者の目線から紹介 している動画です。
     監督官目線バージョンはこちら     労働者目線バージョンはこちら


〇プロモーションムービー
 頑張っている人を応援したい、そんな想いをもった新人の労働基準監督官の成長を描くプロモーションムービーです。

     フルバージョン(3分10秒)   ショートバージョン(31秒)

〇採用パンフレット
 労働基準監督官の業務内容に興味を持っていただけた方は、是非採用パンフレットをご覧ください。
 仕事のイメージができる写真や、先輩監督官からのメッセージが掲載されています。


       2024年度版     

〇労働基準監督官(理工系区分)リーフレット
 労働基準監督官採用試験には、法文系・理工系の区分があります。どちらの区分でも採用後の処遇に違いはありませんし、理工系の知識や考え方は、労働基準監督官の業務に活用ができます。
 リーフレットやインタビューには、理工系出身監督官からのメッセージが掲載されておりますので、ご覧ください。


    リーフレットはこちら

〇2024年度労働基準監督官採用試験について
 試験要綱はこちらをご覧ください。
 受験案内はこちらをご覧ください。
 厚生労働省ホームページの労働基準監督官採用試験情報はこちらをご覧ください。

受験申込は人事院ホームページからお願いします。(受付期間:令和6年2月22日(木)9:00~3月25日(月))

 

〈国家公務員採用一般職試験受験対象者向け〉

労働局への採用を志望される皆様へ
        都道府県労働局採用パンフレット(2023年度版)

        都道府県労働局採用パンフレット(2022年度版)

   都道府県労働局採用パンフレット(2021年度版)

※人事異動制度の一部変更について
 令和4年10月以降、採用された労働局以外への異動(県外異動)は、原則希望者のみに変更となりました。
 詳しくはこちらをご覧ください。  


人事院ホームページ「国家公務員試験採用情報NAVI」をご確認ください。

その他関連情報

情報配信サービス

〒730-8538 広島県広島市中区上八丁堀6番30号 広島合同庁舎2号館

(C) 2000-2018 Hiroshima Labor Bureau.