労働保険の適用促進に取り組んでいます

 

 労働保険は政府が管理し、運営する強制的な保険ですので、原則として労働者を一人でも雇っていれば適用事業となり、事業主は成立手続を行い、労働保険料を納めなければなりません。 厚生労働省では、労働保険の未手続事業の解消に向け、労働保険の適用促進に取り組んでいます。
 正社員はもとより、パート、アルバイト、臨時を含めて労働者を1人でも雇用している事業主は、労働保険(労災・雇用)に加入する義務がありますので、すぐに労働保険の加入手続を行ってください。
 また、厚生労働省は、労働保険の未手続事業を解消するため、全国の都道府県労働局、労働基準監督署、ハローワークと連携し加入勧奨しているほか、労働保険適用促進業務を一般社団法人全国労働保険事務組合連合会に委託し、
労働保険保険事務組合の「労働保険適正加入推進員」が未加入事業所を個別訪問し加入勧奨に当たっています。




問い合わせ

このページに関するお問い合わせ先

広島労働局 総務部 労働保険徴収課

TEL
082-221-9246

その他関連情報

情報配信サービス

〒730-8538 広島県広島市中区上八丁堀6番30号 広島合同庁舎2号館

(C) 2000-2018 Hiroshima Labor Bureau.