画面は自動的に最新情報へ更新されませんので、更新する際は画面上部の図2.png(更新アイコン)をクリックするか、または「F 5」を押してしてください。 
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続 > 労働基準・労働契約関係 > 法令・制度 > 労働基準法のポイント > 1年単位の変形労働時間制(2)(第32条の4、第32条の4の2)
各種法令・制度・手続き

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

■ 1年単位の変形労働時間制(2)(第32条の4、第32条の4の2)

1.

対象労働者の範囲

 対象労働者の範囲は、労使協定により明確に定める必要があります。



対象労働者の範囲 対象労働者の範囲
対象労働者の範囲 対象労働者の範囲

2.

 労働時間の特定


 1年単位の変形労働時間制の導入に当たり、1ヵ月以上の期間ごとに対象を区分した場合、各期間の労働日数及び総労働時間を労使協定において定める必要がありますが、最初の期間を除き協定時に全期間の労働日ごとの労働時間を示す必要はなく、区分された各期間の30日前までに労働日及び労働日ごとの労働時間を特定すればよいこととなっております。
  なお、特定された労働日及び労働日ごとの労働時間を変更することはできません。

3.

 時間外労働となる時間


 1年単位の変形労働時間を採用した場合に時間外労働となるのは、次の時間です。


(1)

 1日について、労使協定により8時間を超える労働時間を定めた日はその時間を超えて、それ以外の日は8時間を超えて労働させた場合


(2)

 1週間については、労使協定により40時間を超える労働時間を定めた週はその時間を超えて、それ以外の週は40時間を超えて労働させた時間((1)で時間外労働となる時間を除く)


(3)

 対象期間の全期間については、対象期間における法定労働時間の総枠を超えて労働させた時間((1)または(2)で時間外労働となる時間を除く)

4.

労働日数、労働時間の限度


 労働日数の限度

対象期間が1年の場合→280日
(※旧協定がある場合には、特例事項があります)
対象期間が3カ月を超え1年未満である場合
 →1年当たりの労働日数の限度×(対象期間の暦日数÷365日)
※小数点以下の端数は切り捨てて適用することになります。

 1日及び1週間の労働時間の限度

1日→10時間  1週間→52時間
導入の要件(3ヵ月超えの場合)

(1)

 48時間を超える週は連続3以下であること

(2)

 3ヵ月毎に区分した各期間において、48時間を超える週は週の初日で数えて3以下であること

 連続して労働させる日数の限度

 連続労働日数→6日

 特定期間(対象期間中の特に業務が繁忙な期間)における連続労働日数は、労使協定の定めがある場合には、1週間に1日の休日が確保できる日数となります。



 1年単位の変形労働時間制を新規に採用する場合は、労使協定の締結及び就業規則等の変更が必要です。
 また、労使協定及び就業規則については、所轄の労働基準監督署に届け出ることが必要となります。



例外的措置

このページのトップに戻る

ハローワークインターネットサービス.jpg bana.png  bana-job.png仕事・住まい・生活.jpg 新卒者・既卒者の皆様へ.jpg育MEN.jpg女性の活躍を推進します.jpg厚労省人事労務マガジン.jpg あんぜんプロジェクト.jpgこころの耳.jpg2015127154417.gifあかるい職場応援団.jpg労災年金受給者の皆様へ.jpgアスベスト.jpgまんが.jpgehime.jpgoshigoto_adviser_banner.jpg 20146911147.png 2016829134710.png ズ.jpg

 

愛媛労働局 〒790-8538 松山市若草町4-3 松山若草合同庁舎5階、6階

Copyright(c)2000-2011 Ehime Labor Bureau.All rights reserved.