画面は自動的に最新情報へ更新されませんので、更新する際は画面上部の図2.png(更新アイコン)をクリックするか、または「F 5」を押してしてください。 
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続 > 労働基準・労働契約関係 > 法令・制度 > 労働基準法のポイント > 最低年齢(第56条) 年少者の証明書(第57条)
各種法令・制度・手続き

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

■ 最低年齢(第56条) 年少者の証明書(第57条)
   未成年者の労働契約(第58条) 年少者の深夜業(第61条)

最低年齢(第56条)

 満15歳に達した日以後の最初の3月31日までは、児童を労働者として使用することは禁止されています。


最低年齢

許可年齢満13歳以上


ただし、非工業的事業では満13歳以上、
さらに、映画製作・演劇の事業では満13歳未満の児童でも

(1)

健康・福祉に有害でない軽易な作業

(2)

所轄の労働基準監督署長の許可

を条件として例外的に修学時間外に働かせることができます。


 

年少者の証明書(第57条)

 年少者(満18歳未満の者)を使用する場合には年齢証明書を、児童を使用する場合にはさらに学校長の証明書、親権者の同意書を事業場に備え付けておかなければなりません。


未成年者の労働契約(第58条)

 親権者または後見人が未成年者に代わって労働契約を締結することは禁止されています。
 したがって、未成年者の労働契約は、未成年者が、親権者または後見人の同意を得て、自ら締結することとなります。
 また、未成年者が締結した労働契約が、当該未成年者に不利であると認められる場合には、親権者、後見人または所轄労働基準監督署長は、当該労働契約を将来に向かって解除することができることとされています。


年少者の深夜業(第61条)

 年少者を深夜(午後10時~午前5時)に働かせることは、原則として禁止されています。


年少者の深夜業

このページのトップに戻る

ハローワークインターネットサービス.jpg bana.png  bana-job.png仕事・住まい・生活.jpg 新卒者・既卒者の皆様へ.jpg育MEN.jpg女性の活躍を推進します.jpg厚労省人事労務マガジン.jpg あんぜんプロジェクト.jpgこころの耳.jpg2015127154417.gifあかるい職場応援団.jpg労災年金受給者の皆様へ.jpgアスベスト.jpgまんが.jpgehime.jpgoshigoto_adviser_banner.jpg 20146911147.png 2016829134710.png ズ.jpg

 

愛媛労働局 〒790-8538 松山市若草町4-3 松山若草合同庁舎5階、6階

Copyright(c)2000-2011 Ehime Labor Bureau.All rights reserved.