SAFEコンソーシアムについて

    


令和3年速報値の休業4日以上の労働災害による死傷者数(新型コロナウイルス感染症のり患による労働災害を除く。)は、小売業及び介護施設を中心に増加しております。
事故の型別でみると、「転倒」及び腰痛等の「動作の反動・無理な動作」による死傷者数が年々増加し、全体の約4割という状況にあるなど、労働者の作業行動を起因とする労働災害(以下「行動災害」という。)の増加が課題となっています。
また、転倒災害においては、約半数が骨折などを伴う休業期間1か月以上の災害であり、中には後遺症を伴う重篤な災害も発生しているところです。
こうした状況から、小売業及び介護施設を中心に行動災害を予防するための取組の強化が、喫緊の課題となっています。
本課題を解決するためには、行動災害の増加を、国民の健康に関わる問題であることと認識し、事業者の行動変容を促し、自主的な安全衛生管理の定着を図るため、厚生労働省では、令和4年度より実施する新たな取り組みとして、SAFEコンソーシアムを立ち上げ、労働災害防止活動に取り組んでいきます。
 
SAFEコンソーシアムのポータルサイトはこちら




SAFEコンソーシアムでのSAFEアワードの実施について
詳細はSAFEコンソーシアムのポータルサイトを御覧ください。
日程、応募方法等
(1)日程等
  ア  事例募集期間
    11月17日から12月31日まで(応募状況に応じ延長することもあり得る。)
  イ 選考日程
    令和5年1月27日から2月10日まで(予定)(本省にて対応)
  ウ 全国賞の表彰式
    令和5年3月(予定)
(2)応募方法
  別添2の様式(「SAFEコンソーシアム」ウェブサイト(以下「サイト」という。)からダウンロード可能)に必要事項を記入の上、サイト上の案内に沿って「SAFEコンソーシアム」事務局(本省委託事業者)に電子メールを送付して登録する。


 

問い合わせ

この記事に関するお問合せ先

富山労働局 労働基準部 健康安全課

TEL
076-432-2731

その他関連情報

情報配信サービス

〒930-8509 富山市神通本町1丁目5番5号富山労働総合庁舎

Copyright(c)2000-2011 Toyama Labor Bureau.All rights reserved.