職員採用情報

 令和2年度 職員採用情報のお知らせ

 今年度に入り新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が東京など7都府県に行われ、山口県含む全都道府県に拡大されたのが4月16日でした。
 その後、5月14日に山口県を含めた39県に対して緊急事態宣言が解除されましたが、この間に国家公務員の試験開催の延期が行われるなど、受験生のみなさんを取り巻く環境が大きく揺れ動き、試験勉強や面接の対策、そして『自分はどんな仕事で働きたいのか』といった自分自身の進路について、色々なお悩みがあるのではないでしょうか。
 令和2年度の国家公務員採用試験の日程については、新型コロナウイルス感染症に係る状況によって、例年より流動的となっていることから、山口労働局採用までの流れについて、日程が判明したものから、随時このホームページ上で公開していきます。
 また、労働局の職場見学や、現役職員との座談会の実施を予定した職場見学会についても、併せて日程や応募方法が決まり次第、随時このページで案内いたします。

 少しでも皆さんの不安が軽くなれば幸いです。皆さんにお会いできる日を心からお待ちしております。
 

1.国家公務員一般職(大卒程度)



 また、山口労働局では、「労働局に興味はあるけど、もっとどんな職場か知りたい」といった受験生向けに職場見学会(国家公務員一般職受験者向け)の開催を予定しています(職場見学会の参加は、採用とは関係ありません)。
 職場見学会の日程についても、決まり次第このホームページでご案内いたします。
  

2.労働基準監督官


 また、山口労働局では、「労働局に興味はあるけど、もっとどんな職場か知りたい」といった受験生向けに職場見学会(労働基準監督官試験受験者向け)の開催を予定しています(職場見学会の参加は、採用とは関係ありません)。
 職場見学会の日程についても、決まり次第このホームページでご案内いたします。

受験を考えているみなさんへ山口労働局職員からのメッセージ

 先輩職員に聞く

労働基準監督官(Labour Standards Inspector)

 全国では、約410万の職場で約5,300万人が働いています。
 労働者が安心して働ける職場環境を実現するためには、労働基準法などで定められた労働条件が確保され、その向上が図られることが重要です。
 労働基準監督官は、労働基準関係法令に基づいてあらゆる職場に立ち入り、事業主に対し法に定める基準を遵守させるとともに、労働条件の確保・向上、また、不幸にして労働災害にあわれた方に対する労災補償の業務を行うことを任務とする厚生労働省の専門職員です。
 労働基準監督官試験の概要や監督官制度の詳しい案内については、厚生労働省の監督官採用試験広報ページを参照してください。
 

都道府県労働局(ハローワーク等)

 国民の生活の中で、「仕事」はなくてはならないものです。
 「派遣切りにより失業したので、新しい仕事をさがしたい」「大学を卒業するまでに正社員として就職を決めたい」「事業主に育児休業の相談をしたら解雇された」「生活費の支援を得ながら職業訓練を受け、ステップアップしたい」など、労働局やハローワークには仕事に関する幅広い相談が寄せられます。
 目の前の一人一人と向き合って、労働行政のスペシャリストとして困っていることの解決を支援することが労働局やハローワークの職員の使命です。

問い合わせ

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 総務課

TEL
083-995-0360

その他関連情報

〒753-8510 山口市中河原町6番16号山口地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2020 Yamaguchi Labor Bureau.All rights reserved.