長時間労働の削減に向けて取り組む県内企業を紹介します


働く方の健康の確保を図り、労働の質を高め、生産性を向上しつつ、ワーク・ライフ・バランスを改善し、すべての人々が働きやすい社会に変えていくためには、長時間労働を是正することが重要です。 しかしながら、我が国においては、依然として長時間労働の問題が認められるとともに、年次有給休暇の取得率が低い水準にとどまっており、長時間労働の削減を始めとした働き方の見直しが求められています。 このため、厚生労働省では、平成26年に施行された「過労死等防止対策推進法(平成26年法律第100号)」において過労死等防止啓発月間とされた11月を「過重労働解消キャンペーン」期間と定め、長時間労働削減の取組を推進しています。

労働局長によるベストプラクティス企業への職場訪問

労働局長が長時間労働削減に向けて積極的に取り組んでいる企業を訪問し、取組事例を労働局HPなどで紹介させていただきます。
令和2年度 株式会社宇部情報システム 別添 参照
令和元年度 洋林建設株式会社 別添 参照(679KB; PDFファイル)
平成30年度 株式会社ベルポリエステルプロダクツ 別添 参照(431KB; PDFファイル)
平成29年度 株式会社ケーブルネット下関 (J:COM 下関) 別添 参照(494KB; PDFファイル)
平成28年度 医療法人阿知須共立病院 別添 参照(457KB; PDFファイル)

※表を左右に動かしてご覧ください。

各社の取組事例

平成28年度にご協力いただいた122社のアンケート結果から取組の状況や選りすぐりの事例を紹介します。
取組事例のご紹介 別添 参照(183KB; PDFファイル)
各社の取組事例 別添 参照(205KB; PDFファイル)

※表を左右に動かしてご覧ください。

問い合わせ

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 監督課

TEL
083-995-0370

その他関連情報

〒753-8510 山口市中河原町6番16号山口地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2021 Yamaguchi Labor Bureau.All rights reserved.