業務改善助成金のご案内

中小企業・小規模事業者の生産性向上のための取組を支援します

業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。 生産性向上のための設備投資等(機械設備、POSシステム等の導入)を行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助成します。
詳細は、厚生労働省HPをご覧ください。

業務改善助成金の申請手続きについて

1.助成金交付申請書の提出

業務改善計画(設備投資などの実施計画)と賃金引上計画(事業場内最低賃金の引上計画)を記載した交付申請書(様式第1号)を作成し、福岡労働局に提出する。

2.助成金交付決定通知

福岡労働局において、交付申請書の審査を行い、内容が適正と認められれば助成金の交付決定通知を行う。

3.業務改善計画と賃金引上計画の実施

  • 業務改善計画に基づき、設備投資等を行う。
  • 賃金引上計画に基づき、事業場内最低賃金の引上げを行う。

4.事業実績報告書の提出

業務改善計画の実施結果と賃金引上げ状況を記載した事業実績報告書(様式第9号)を作成し、福岡労働局に提出する。
事業実績報告書提出の際は、下記のチェックリストで提出書類を確認の上、写しを添付してください。

5.助成金の額の確定通知

福岡労働局において、事業実績報告書の審査を行い、内容が適正と認められれば助成金額を確定し、事業主に通知する。

6.助成金の支払い

助成金額の確定通知を受けた事業主は、支払請求書(様式第13号)を提出する。

7.状況報告書の提出

助成金の支払い請求を行った日の前日または賃金を引き上げた日から6月を経過した日のいずれか遅い日までの引上げ状況報告(様式第8号)等を提出する
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.