ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 労働基準監督署 > 労働基準監督署からのお知らせ > 武生労働基準監督署からのお知らせ > 【武生労働基準監督署】機械へのはさまれ・巻き込まれの注意喚起を促すチラシを作成しました!

【武生労働基準監督署】年末年始における労働災害の撲滅に向けた要請を行いました

 福井労働局においては、急増する死亡災害に歯止めをかけるため、令和元年12月1日から令和2年1月31日までの期間を「福井労働局 労働災害防止緊急対策強化期間」と定め、より一層の労働災害防止対策の強化を図ることとしました。
 武生労働基準監督署(管内:越前市、鯖江市、越前町、南越前町、池田町)においては、令和元年5月20日に1件の死亡労働災害が発生しております。幸いにもその後、新たな死亡災害の発生はないものの、休業4日以上の労働災害は11月末時点で182件発生しており、その中には、死亡災害につながりかねない災害も発生しております。
 このため武生労働基準監督署では、上記期間における労働災害防止をさらに啓発すべく、別添の啓発チラシを作成しました。また、当該チラシを広く周知していただくよう、令和元年12月17日に災害防止団体にも要請を行いました。
 今後武生労働基準監督署では、各種説明会や指導の機会において「福井労働局 労働災害防止緊急対策強化期間中の労働災害の防止」を直接呼びかけるとともに、年末年始のパトロールを実施するなどして、今後の対応を強化していくこととしています。

 
<添付資料>
啓発チラシ
2019年11月末災害発生状況(武生労働基準監督署管内)

  

   

 

 

福井労働局 〒910-8559 福井市春山1丁目1番54号 福井春山合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Fukui Labor Bureau.All rights reserved.0