ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 各種助成金制度 > 法令・制度 > 働き方改革推進支援助成金のご案内

 

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

働き方改革推進支援助成金のご案内 
 

 

 働き方改革推進支援助成金について <令和 3 年度>

 生産性を高めながら労働時間の縮減等に取り組む中小企業・小規模事業者や、傘下企業を支援する事業主団体に
対して助成するものであり、中小企業における労働時間の設定の改善の促進を目的としています。
  令和2年度より名称が「時間外労働等改善助成金」から「働き方改革推進支援助成金」に変更されています。

 

 ※ 助成金各コースの詳細については、厚生労働省ホームページのリーフレット、申請様式、

 申請マニュアル等をご覧ください。
     
   令和 3 年度は、こちらです。
    
  ◇ 働き方改革推進支援助成金 (労働時間短縮・年休促進支援コース)【厚生労働省HP】

     このコースでは、次の①、②、③に取り組む中小企業事業主 を支援します。
     ①対象事業場において、月60時間を超える36協定の時間外・休日労働時間数を縮減。
     ②特別休暇(病気休暇・教育訓練休暇、ボランティア休暇、新型コロナウイルス感染症対応のための休暇、
      不妊治療のための休暇)について、有給へ制度改正。
     ③時間単位の年次有給休暇制度を対象事業場に新たに導入。


  ◇ 働き方改革推進支援助成金 (勤務間インターバル導入コース)【厚生労働省HP】
     このコースでは、勤務間インターバルの導入に取り組む中小企業事業主を支援します。
     「勤務間インターバル」とは、勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く
     方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防止を図るもので、2019年4月から、制度の導
     入が努力義務化されています。

  ◇ 働き方改革推進支援助成金 (労働時間適正管理推進コース)【厚生労働省HP】
    令和2年4月1日から、賃金台帳等の労務管理書類の保存期間が5年(当面の間は3年)に延長されています。
    このコースでは、生産性を向上させ、労務・労働時間の適正管理の推進に向けた環境整備に取り組む中小企
    業事業主の皆様を支援します。

  ◇ 働き方改革推進支援助成金 (団体推進コース)【厚生労働省HP】
     
中小企業事業主の団体や、その連合団体(以下「事業主団体等」という)が、その傘下の事業主のうち、労働
     者を雇用する事業主(以下「構成事業主」といいます)の労働者の労働条件の改善のために、時間外労働の
     削減や賃金引上げに向けた取組を実施した場合に、その事業主団体等に対して助成します
  
  

  

   ◇ テレワークの助成金はこちらです【厚生労働省HP】

      人材確保等支援助成金(テレワークコース)
  

 
  ○ 労働時間等見直しガイドライン(労働時間等設定改善指針)

 

 ※ ご注意 !
 * 助成金は、国の予算の範囲内で支給するものです。このため申請件数が予算額に達した場合は

 締め切りとなります。
 * 取組を開始する前に「職場意識改善計画」を策定し労働局の承認を受ける必要があります。

  (労働局の承認前に取り組んだ内容は助成対象となりません)

 申請にあたっては、必ず事前にお取組内容等について福井労働局へご相談ください。

     
  本助成金の詳細については、     
   福井労働局雇用環境・均等室(9階)へお問い合わせください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

雇用環境・均等室(指導担当) TEL : 0776-22-3947

  

   

 

 

 

福井労働局 〒910-8559 福井市春山1丁目1番54号 福井春山合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Fukui Labor Bureau.All rights reserved.ういいううてん敵意