11月は「労働保険未手続事業一掃強化期間」です

 

         
労働保険は働く皆さんを守ります

 
 厚生労働省では、11月を「労働保険未手続事業一掃強化期間」と定め、関係機関や関係団体と連携の下、未手続事業一掃対策の集中的な取組を展開しています。

労働保険とは、労災保険と雇用保険を総称した名称で、会社の安定はもちろん、従業員の安心・安全のための保険です。
 
法人・個人を問わず事業主の方は、正社員、パート、アルバイトといった雇用形態に関わらず、一人でも雇ったら労働保険に必ず入らなければいけません。
 
「アルバイトだけだから大丈夫だと思っていた」、「設立準備が忙しくて忘れていた」、「そもそも知らなかった」など事情はあっても、従業員のため、会社のために、労働保険に加入することは事業主の責任です。
 
このため、未手続の事業主の方は次の点にご注意ください。
 
・再三の加入勧奨・手続指導にもかかわらず自主的に加入手続が行われない場合は、最終的な手段として職権による成立手続及び労働保険料の認定決定を行うことになります。
 
・事業主が加入手続を行わない期間中に労働災害が発生した場合は、遡って労働保険料を徴収するほか、労災給付に要した費用の全額又は一部を徴収する場合があります。
 
(リーフレット) 「安心」を支えるワン・ピース 労働保険 
 

問い合わせ

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 労働保険徴収室

TEL
083-995-0366

その他関連情報

〒753-8510 山口市中河原町6番16号山口地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2021 Yamaguchi Labor Bureau.All rights reserved.