ハローワーク佐渡のご案内
 カンゾウ .jpg
管内の概要

  当所は、平成16年3月1日に1市7町2村が合併して誕生した佐渡市を管轄しており、面積は855㎢、人口は53,477人(令和2年6月末現在)である。
   佐渡市は、本州から直線距離で34km離れた島で、海岸線は280km、北部を大佐渡山脈(最高峰は金北山1,172m)、南部には小佐渡山脈が互いに平行に走り、その中に田園地帯の国仲平野が広がり、東京23区の約1.4倍の広さの日本一の離島である。
   本州とは、両津~新潟、小木~直江津の2航路で結ばれており、両津~新潟間は離島航路では最大のカーフェリー(所要時間2時間30分)とジェットフォイル(同1時間5分)が就航している。また、小木~直江津間は平成27年4月より高速カーフェリーあかねが就航し、従来の所要時間を1時間短縮する1時間40分となっている。
   豊かな自然の恵みを受け農林水産業が盛んで、コシヒカリ、おけさ柿、乾椎茸、佐渡牛、カキ、ブリ、マグロ、加工品では日本酒などが有名である。
   また、高山植物、カンゾウ、金銀山、佐渡おけさ、鬼太鼓、能などの観光資源や伝統文化が豊かな島で、平成30年6月までに347羽のトキが放鳥され、野生下で誕生したトキ同士のペアによるヒナの巣立ちが確認されるなど県内外から注目されており、年間約50万人の観光客の今後の増加が期待されている。
   佐渡市の高齢化率は41.6%(令和2年3月31日現在)と県平均の32.4%より高い地域となっており、人口も新規高卒者の進学や就職で島外流出が続き減少傾向にある。
   なお、就業者数は29,087人で、第一次産業5,862人(20.2%)、第二次産業4,885人(16.8%)、第三次産業18,248人(62.7%)となっている。
   事業所数は3,761所で、建設業415所(11.0%)、製造業229所(6.1%)、卸売・小売業960所(25.5%)、宿泊業・飲食サービス業476所(12.7%)等となっている。
 
 

周辺案内図(交通案内)と連絡先

  

                          駐車場のご利用案内         

【ハローワーク佐渡 】
〒952-0011 新潟県佐渡市両津夷269-8
TEL 0259-27-2248   FAX 0259-23-3339
 

 
ご利用窓口と開庁時間
 ハローワークでは、利用内容を次のとおり、各窓口で行っております。
利 用 目 的 窓 口 開 庁 時 間 等
・仕事を探すため初めて
 ハローワークに登録
・仕事に関して相談
  (新卒を除く)
・紹介状交付
受付後、
紹介窓口で相談等
午前8時30分~午後5時15分
・求人情報システムで求人票閲覧 受付 閲覧時間
午前8時30分~午後5時15分
・求人申し込み(中途採用) 求人窓口 午前8時30分~午後5時15分
・雇用保険の加入等手続き
・高年齢雇用継続給付や
 育児介護休業給付の手続き
・教育訓練給付の手続き
雇用保険の
適用窓口
午前8時30分~午後5時15分
・失業給付の受給手続き
 
雇用保険の
給付窓口
午前8時30分~午後5時15分
・助成金の手続き 求人窓口 午前8時30分~午後5時15分
 
組織と役割(令和3年4月1日)
所長
管理課 職業紹介部門 事業所・学卒部門
庶務・経理・物品
雇用保険適用
雇用保険給付
給付調査官業務
通年雇用・冬期安定奨励金支給決定
再就職手当・常用就職支援手当・傷病手当
 ・就職促進定着手当等支給決定
教育訓練給付支給決定
一般・パート職業紹介
Uターン・出稼職業紹介
求職者情報の作成
職業訓練・職場適応訓練
中高年齢者の職業紹介・シルバー人材
障害者の職業紹介・雇用指導
外国人労働者(全般)
試行雇用奨励金
 
一般求人受理(求人情報作成含む)
事業所訪問・求人開拓
地域雇用開発事業・地域雇用協議の運営
民営・派遣・均等法に関すること
産業雇用情報の収集整理分析提供
各種外郭団体との連携
各種助成金に関すること
定年延長・継続雇用に関すること
地域改善対策に関すること
新規学卒者の職業紹介
学卒求人受理
建設雇用改善に関すること
 調査・統計
 
このページのトップに戻る
 

新潟労働局 職業安定部

〒950-8625 新潟市中央区美咲町1-2-1 新潟美咲合同庁舎2号館

Copyright(c)2000-2012 Nigata Labour Bureau. All rights reserved.