石川労働局 第13次労働災害防止計画
 

3年12月重点 【転倒・腰痛による労働災害防止】

Ⅰ 転倒
 転倒災害は、ここ十年間で最も多く発生している災害です。(事故の型別災害統計資料
 厚生労働省では、「転倒災害」を減少させるために、「STOP!転倒災害プロジェクト」を推進しています。
 職場における転倒の危険個所をチェックし、転倒の危険がある場所の見える化などに取り組み、職場環境の改善を図りましょう。 (STOP!転倒災害リーフレット)
 転倒災害防止のための資料や教材、転倒災害対策好事例等を掲載した特設サイトがありますのでご活用ください。 (プロジェクト特設サイト

 12月1日から2月28日までの期間、 「冬季無災害運動」を展開しています。
 積雪や凍結のある冬季に転倒災害が多発します。
 
冬季無災害運動のリーフレット記載の危険場所、チェック項目、災害事例の確認をお願いします。(冬季無災害運動リーフレット) 
 積雪のある日や気温が氷点下となる日に転倒災害が集中して発生
しています。気象予報を事前にチェックして注意喚起を行いましょう。

 

 転倒災害防止には、4S(整理・整頓・清掃・清潔)が効果的です。さらに作業前のストレッチ、積雪等が要因となる転倒災害防止(SNOW対策)を加えた6S活動を実施しましょう 
 

Ⅱ 腰痛
腰痛は、職業性疾病の6割を占める労働災害であり、社会福祉施設、製造業、商業、道路貨物
運送業などの、重量物取扱作業、車両運転等の作業、介護・看護作業で多く発生しています。

 厚生労働省では、職場における腰痛予防対策指針を策定しています。また、保健衛生業向け及び陸上貨物運送事業向けの職場における腰痛予防サイトが開設(陸上貨物運送事業向けは12月中に開設予定)され、腰痛予防に向けた取り組み等について動画により説明されています。この動画については、ダウンロードが可能で、職場における研修会にも活用できます。簡単なアンケートに答えると資料もダウンロードできますので、ぜひこのサイトをご利用ください。
 労働者に対する安全衛生教育の実施や、抱え上げをなくすための介護機器の導入をお願いします。また、荷の積卸し等の定型的な重筋作業を行う場合に、身体への負担を軽減する機械等を導入することの検討をお願いします。

 
 
 
このページのトップに戻る

    厚労省人事労務マガジン   職業訓練案内HP用バナー.jpg     プレゼンテーション2.jpg   労災レセプト電算処理システム.pngbanner_bnr_e-Gov.png 

       

 

 

 

石川労働局 〒920-0024 金沢市西念3丁目4番1号 金沢駅西合同庁舎5階・6階

Copyright(c)2000-2011 Ishikawa Labor Bureau.All rights reserved.