最低賃金の減額の特例許可申請について 

最低賃金が適用されるのは

 

 最低賃金は、原則として雇用形態や呼称の如何を問わず事業場で働くすべての労働者に適用されます。
 ただし、一般の労働者と比較して、労働能力が著しく劣るため最低賃金を一律に適用すると、かえって雇用機会をせばめる可能性がある労働者の場合や労働の態様が大きく異なる場合には、使用者が都道府県労働局長の許可を受けることを条件として最低賃金の適用除外が認められていました。しかし、改正最低賃金法が施行された平成2071日からは、適用除外制度は廃止され新たに減額特例制度が設けられることとなりました。

 


最低賃金の減額特例を受けられる労働者は

 

1  精神又は身体の障害により著しく労働能力の低い者
2  試の使用期間中の者
3  職業能力開発促進法に基づく認定職業訓練を受ける者のうち一定のもの
4  イ 軽易な業務に従事する者
  ロ 断続的労働に従事する者
です。
 減額特例の許可を受けようとする使用者は、それぞれの所定様式による申請書2通を作成し、所轄の労働基準監督署に提出して許可を取得してくださるようお願いいたします。

 


 

最低賃金の減額の特例許可申請書

     

    

     様式第1号 : 精神又は身体の障害により著しく労働能力の低い者 (PDFExcel         
    
       
◆ 減額率算定表 (任意様式
)(Word
   
   
 減額率算定表(奈良局版)(任意様式)  記入例:作業時間計測用作業量計測用

   ◆
 減額率算定表(奈良局版)(任意様式)  作業時間計測用(Excel)作業量計測用(Excel)

   ◆
 減額率算定表(奈良局版)(任意様式)  記入例:就労継続支援A型事業所用

     減額率算定表(奈良局版)(任意様式)  就労継続支援A型事業所用(Excel)

   
       
◆ 様式第2号 : 試の使用期間中の者 (PDFExcel

   

    様式第3号 : 基礎的な技能及び知識を習得させるための職業訓練を受ける者 (PDFExcel

 

   ◆ 様式第4号 : 軽易な業務に従事する者 (PDFExcel   


   ◆ 様式第5号 : 断続的労働に従事する者 (PDFExcel 

 

  

 

 

最低賃金の減額の特例許可記入要領

 


    ◆ 様式第1号 : 精神又は身体の障害により著しく労働能力の低い者 (PDF
 

    ◆ 様式第2号 : 試の使用期間中の者 (PDF

    ◆ 様式第3号 : 基礎的な技能及び知識を習得させるための職業訓練を受ける者 (PDF

    ◆ 様式第4号 : 軽易な業務に従事する者 (PDF

    ◆ 様式第5号 : 断続的労働に従事する者 (PDF

 
 

banner_r2.gifhatarakikata_yasumikatakaizennpo-tarusaito.jpgpr_bnr.jpgtop_melmaga.gifbanner_rinzi_kyufu.jpg                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

バナー1.jpg奈良新卒応援ハローワーク 新卒者雇用に関するお知らせ バナー2.jpg奈良県就職応援サイト 「ジョブならNet」 

 

 

奈良労働局 〒630-8570 奈良市法蓮町387奈良第3地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Nara Labor Bureau.All rights reserved.