宮城労働局

治療と仕事の両立支援(病気の治療を必要とする従業員の雇用管理)

 

■ 治療と仕事の両立支援の必要性

近年、診断技術や治療方法の進歩により、かつては「不治の病」とされていた疾病においても、生存率が向上して「長く付き合う病気」に変化しつつあり、労働者が病気になったからと言ってすぐに離職しなければならないという状況が必ずしも当てはまらなくなってきています。また労働力不足時代を迎え、新規採用が困難になる中で、いかに従業員の職場定着を図り活躍してもらうかが問われてきています。
このような中で、疾病を抱える従業員が、安心して治療と仕事を両立させて活躍できるようにするための職場環境を整備していくことが重要です。
また、疾病の発病や入院のために離職を余儀なくされた労働者の方が、働けるようになって再就職活動を行うとき、事業主の理解や配慮をいただくことが大変重要となります。
 

治療と仕事の両立支援(在職者支援)

疾病を抱える従業員が、離職せずに、継続的に治療をしながら働き続けられるようにするための職場環境の整備の一例としては、通院時間を確保したり体力低下に配慮するための「勤務時間のシフト」「短時間勤務制度の導入」「時間単位の年次有給休暇の付与」「職務配置の変更」や、入院などに配慮するための「休職・休暇制度」などがあります。また、本人の意識や意欲をいかに支えるかや、周囲の従業員にどのように理解を求めていくかという点も重要なポイントになります。

(1)ガイドライン・マニュアル

 ・「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン(全体版)」

 ・「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」

 ・「治療と就労の両立支援マニュアル」

 

(2)相談支援

事業主の方に対しては、「宮城産業保健総合支援センター」において、治療と仕事の両立支援に関して、研修・セミナー、無料相談、両立支援プラン・職場復帰支援プランの作成支援等を行っています。
また労働者の方に対しては、主要病院(県立がんセンター(がん相談支援センター)東北大学病院(がん診療相談室)東北労災病院(治療就労両立支援センター) )において、ソーシャルワーカー・専門担当者が相談支援を行っています。

(3)助成措置

治療をしながら仕事をする従業員のために、仕事と治療を両立できる制度(時間単位の年次有給休暇、時差出勤制度、短時間勤務制度等)を導入するとともに、両立支援に関する専門人材を配置・活用した場合、「障害者雇用安定助成金(障害や傷病治療と仕事の両立支援コース)」の支給対象となります。
 

■ 治療と仕事の両立支援(再就職支援)

発病や入院のために離職を余儀なくされた労働者の方が、再び働けるようになり、再就職活動を進められる方が増えております。治療をしながら仕事ができる職場がありますので、あきらめずに相談をしてみてください。
主要病院(県立がんセンター(がん相談支援センター)東北大学病院(がん診療相談室) )においては、ソーシャルワーカー・専門担当者が相談支援を行うとともに、ハローワークの専門相談員が定期的に出張相談を行っています(退院前から退院後のことについて相談できます)。
またハローワーク(ハローワーク仙台「長期療養者窓口」、その他のハローワークでも可)でも同様に、相談支援を行うとともに、本人への必要な配慮について求人事業主にご理解をいただきながら、職業紹介をしております。
 
 
職場における健康の確保
仕事を探す
関連ページ
・宮城労働局(健康安全課)TEL 022-299-8839
治療と仕事の両立支援(在職者支援)
宮城産業保健総合支援センター
治療と仕事の両立支援に関する研修・セミナー、無料相談、両立支援プラン・職場復帰支援プランの作成支援等
ハローワーク仙台(長期療養者窓口)
             TEL 022-299-8811
治療と仕事の両立支援(再就職支援)
お問い合わせ先