石川労働局 第13次労働災害防止計画
 
令和2年9月重点 【労働者の心の健康確保】
 仕事や職業生活に関してストレスを感じている労働者は、5割を超えています。また、今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、在宅勤務などこれまでと異なる環境下で働く労働者が増加し、中にはこのような変化にストレスを感じる方もいます。
 

1 年に1回、ストレスチエックを実施していますか
 常時50人以上の労働者を使用する事業場は、年に1回、ストレスチェックを実施してください。また常時50人未満の労働者を使用する事業場は、ストレスチェックの実施に努めましょう(労働安全衛生法第66条の10)。
2 ストレスチェックの実施方法をご存じですか
 ストレスチェックの実施方法をお知りになりたい場合は、 (導入マニュアル導入ガイド厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム) をご覧ください。
3 ストレスチェックの結果が出たら
 
ストレスチェック実施後は、「心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書」を、所轄の労働基準監督署長に提出してください。
 また、ストレスチェックの集団分析を行い、職場環境の改善につなげましょう。
4 労働者の心の健康を確保するための取り組みを実施していますか 
 「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に基づきメンタルヘルス対策を推進しましょう。メンタルヘルス対策のポイントは、次のとおりです。なお、メンタルヘルス対策に取り組む中小事業者の皆さま向けの助成金制度もあります。
 ①衛生委員会などにおける調査審議を踏まえた「心の健康づくり計画」の策定、「心の健康づくり 
  計画」の実施状況の評価及び職場環境等の改善
 ② 4つのメンタルヘルスケア(セルフケア、ラインケア、事業場内産業保健スタッフによるケア、
  事業場外支援によるケア)推進に関する教育研修等の実施
 ③ 労働者が産業医や産業保健スタッフに直接相談できる仕組みなど、労働者が安心して健康相談を
  受けられる環境整備

 詳細は、「労働者の心の健康の保持増進のための指針」の解説をご覧ください。またメンタルヘルス対策に関する特設サイト(心の耳)もあります
5 心の健康問題で休業した労働者の職場復帰
 心の健康問題で休業していた労働者の職場復帰に取り組む際は、「労働者の職場復帰支援の手引」を参照してください。 
6 心身の不良を感じる方は
 ストレスチェックの結果や自己診断によりストレスに気づき、ストレスとうまく付き合うようにしましょう。また、一人で悩まずに、事業場の相談窓口や外部の相談機関などに相談しましょう。
「心の健康気づきのヒント集」をご覧ください

 
 
 
このページのトップに戻る

    厚労省人事労務マガジン   職業訓練案内HP用バナー.jpg     プレゼンテーション2.jpg   労災レセプト電算処理システム.pngbanner_bnr_e-Gov.png 

       

 

 

石川労働局 〒920-0024 金沢市西念3丁目4番1号 金沢駅西合同庁舎5階・6階

Copyright(c)2000-2011 Ishikawa Labor Bureau.All rights reserved.