石川労働局 第13次労働災害防止計画
 

令和2年10月重点 【化学物質等有害物からの労働者の健康確保】

Ⅰ 化学物質
 化学物質の中には、人体に危険性や有害性を持つものが多くあります。 まず、取扱う製品のラベルを見て、化学物質の危険性・有害性を知り、リスクアセスメントを実施して、必要な対策を講じましょう。
  「ラベルでアクション」運動を実施中です。詳しくはこちらをご覧ください(ラベルでアクションリスクアセスメント)。 
  ラベル、SDS、リスクアセスメントに関する無料の相談窓口専門家の訪問支援がありますので、ご利用ください。    
 化学物質による災害事例、がん原性・強い変異原性が認められた化学物質等の情報は、こちらをご覧ください。  
                                                   → (職場のあんぜんサイト

 令和2年11月17日に金沢市で予定されていた、厚生労働省委託事業「これから取組を始める事業所向け講習会」は、申し訳ございませんが、中止となりました。  
 
Ⅱ 石綿
 石綿及び石綿をその重量の0.1%を超えて含有する全ての物の製造、輸入、譲渡、提供、使用が禁止されています。(平成18年9月1日の時点で既に使用されている物について、同日以降引き続き使用されている間は、禁止規定の適用は除外される。)建材や機械の摩擦材等に石綿が含まれている場合がありますので、御確認をお願いします。(リーフレット
 建築物の解体などで石綿の除去、封じ込め・囲い込みの作業を行う場合は、石綿障害予防規則に基づいて、適切な対策をとる必要があります。また、工事着手前に、石綿を含有する建築物の解体等に係る関係機関への届出が、義務付けられています。
  資料をご覧ください。(石綿障害予防規則ばく露防止措置留意事項解体等作業事前調査留意事項解体等届出一覧石綿措置一覧


◎石綿障害予防規則改正情報  
 令和2年、建築物等の解体・改修工事における石綿暴露防止のために事前調査の強化等を図る石綿障害予防規則等の改正が行われました。改正情報についてはこちらをご覧ください。 → (改正概要工事施工者向け発注者向け

Ⅲ 受動喫煙
 健康増進法により、原則として屋内禁煙が義務付けられました。健康増進法の概要等は、こちらをご覧ください。(「なくそう!望まない受動喫煙」特設サイト
 屋外喫煙所等を設置・改修する場合に、費用の一部を支援する「受動喫煙防止対策助成金」制度や受動喫煙防止対策の技術的相談の電話相談窓口があります。ご活用ください。 (助成金等リーフレット相談窓口
 
 
 
このページのトップに戻る

    厚労省人事労務マガジン   職業訓練案内HP用バナー.jpg     プレゼンテーション2.jpg   労災レセプト電算処理システム.pngbanner_bnr_e-Gov.png 

       

 

 

石川労働局 〒920-0024 金沢市西念3丁目4番1号 金沢駅西合同庁舎5階・6階

Copyright(c)2000-2011 Ishikawa Labor Bureau.All rights reserved.