石川労働局 第13次労働災害防止計画
 

令和2年1月重点 【高年齢労働者の労働災害防止】

 高年齢労働者の災害が多く発生しています。(高年齢者災害発生件数推移)
  50歳以上の労働者の災害が全体の半数を超えており、60歳以上の労働者の災害が3割を占める等、高年齢労働者の災害発生割合が増加傾向にあります。

 高年齢労働者の労働災害発生割合が特に高い業種は、ビルメンテナンス業、新聞販売業、道路旅客運送業、旅館業です。
 高年齢労働者の災害で多い事故の種類は、「転倒」災害と「墜落・転落」災害です。この二つの種類の事故で、約半数を占めています。

 当局管内において昨年の次のような高年齢労働者の労働災害事がありました。(高年齢者災害事例)  

 高年齢労働者の労働災害防止対策のポイントと主なチェック項目については、こちらをご確認ください。(高年齢者対策リーフレット)  

 高年齢労働者の労働災害防止のための職場改善を行うために、中央労働災害防止協会、厚生労働省では、職場の現状把握から始めることを提唱しています。職場の現状把握のための高年齢労働者の安全と健康確保のためのチェックリストがあります。(「エイジアクション100」概要版)

 「エイジアクション100」は、高年齢労働者の安全と健康のための100の取組を盛り込んだチェックリストを活用して、職場の課題を洗い出し、改善に向けての取組を進めるための「職場改善ツール」で、中央労働防止協会で特設サイトを設けています。このサイトでは、チェックリストの解説、高年齢労働者の労働災害の発生状況、加齢に伴う身体・精神機能の状況等の資料もご覧いただけます。(特設サイト)

 高年齢労働者に配慮した推奨されるべき職場改善事項、製造業における高年齢労働者に配慮した職場改善事例の資料をご覧ください。
職場改善マニュアル改善事例集)

 
 
 
このページのトップに戻る

    厚労省人事労務マガジン   職業訓練案内HP用バナー.jpg     プレゼンテーション2.jpg   労災レセプト電算処理システム.pngbanner_bnr_e-Gov.png 

       

 

 

石川労働局 〒920-0024 金沢市西念3丁目4番1号 金沢駅西合同庁舎5階・6階

Copyright(c)2000-2011 Ishikawa Labor Bureau.All rights reserved.