石川労働局 第13次労働災害防止計画
 

令和4年1月重点 【高年齢労働者の労働災害防止】

―高年齢労働者の特性に配慮したエイジフレンドリーな職場を目指しましょう―
 

1 高年齢労働者の労働災害発生状況
 
働く高齢者の増加により、50歳以上の労働者の災害は全体の半数を超え、60歳以上の労働者の災害は3割近くを占めています。
(管内の高年齢労働者の災害発生件数の推移)


2 高年齢労働者の労働災害発生率が高い業種
 
高年齢労働者の労働災害発生率は、小売業、社会福祉施設、旅館業などの第3次産業で高くなっています業種別高年齢労働者災害発生状況


3 高年齢労働者に多い災害の型
 
高年齢労働者の労働災害で多い事故の型は、「転倒」、「墜落・転落」、「動作の反動・無理な動作」の順となっています。(高年齢労働者の事故の型別発生状況)



4 高年齢労働者の労働災害防止対策(参考資料)
 厚生労働省では、令和2年3月に「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン(通称「エイジフレンドリーガイドライン」)」を策定しました。
 ガイドラインを参考に、高年齢労働者が働きやすい職場を目指しましょう。

 また、高年齢労働者の労働災害防止に向けた職場改善ツールとして「エイジアクション100(チェックリスト)」が中央労働災害防止協会、厚生労働省から示されています。併せて活用してください。

 高年齢労働者に配慮した推奨されるべき職場改善に向けたマニュアルや製造業における改善事例も参考にしてください職場改善マニュアル改善事例集
(製造業)

 
 
 
このページのトップに戻る

    厚労省人事労務マガジン   職業訓練案内HP用バナー.jpg     プレゼンテーション2.jpg   労災レセプト電算処理システム.pngbanner_bnr_e-Gov.png 

       

 

 

 

石川労働局 〒920-0024 金沢市西念3丁目4番1号 金沢駅西合同庁舎5階・6階

Copyright(c)2000-2011 Ishikawa Labor Bureau.All rights reserved.