パートタイム・有期雇用労働法対応状況チェックツールをご活用ください。

  同一企業内における正社員(無期雇用フルタイム労働者)とパートタイム労働者・有雇用労働者との間の不合理な待遇の差をなくし、どのような雇用形態を選択しても待遇に納得して働き続けることができるよう、パートタイム・有期雇用労働法が2020年4月1日に施行されました。(中小企業は2021年4月1日から適用)

 
 そこで非正規雇用の処遇改善に向けて、以下のチェックツールをご活用ください。
 パートタイム・有期雇用労働法やその他の労働関係法令について、自社の取組状況を点検し、パートタイム労働者・有期雇用労働者の待遇改善に向けて、どのように取り組むべきか確認することができる「パートタイム・有期雇用労働法対応状況チェックツール」をご活用ください。※本ツールを利用するにはユーザー登録が必要です。


自社の状況が改正法の内容に沿ったものか点検をすることができる「パートタイム・有期雇用労働法対応のための取組手順書」 (自社の状況を入力して点検できるツールはこちら)※本ツールはユーザー登録する必要ありません。

その他関連情報

情報配信サービス

〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.