公正採用選考人権啓発推進員制度について

制度の目的

 職業安定機関では、職業選択の自由を保障し、全ての人々の就職の機会均等が保障されるよう、事業主を始めとする雇用する側の皆さまに人権問題を正しく認識していただき、応募者の適性と能力のみに基づく公正な採用選考の実施についてお願いしています。
 本制度では、一定規模以上の事業所において「公正採用選考人権啓発推進員(以下、「推進員」という。)」を設置いただき、この「推進員」に対し職業安定機関からの継続的な指導啓発を行うことにより、事業所の公正な採用選考システムの確立を図っていただくことを目的としています。

事業主の皆さまへ

 「推進員」の設置対象事業所で設置がされていない場合は、早急に設置をお願いします。
 また、「推進員」を設置されている事業主の皆さまは、従業員の選考・採用に最も影響力を持つ当事者として、本制度の趣旨を十分に理解していただき、「推進員」の様々な活動や取組みが円滑に実施できるようご配慮をお願いします。

「推進員」の皆さまへ

 職業安定機関等が実施する各種研修会に積極的に参加いただく等自己啓発を図り、不適切事象の未然防止に努めてください。

設置対象となる事業所

 (1)常時使用する従業員の数が30人以上の事業所PDF
 (2)職業紹介事業所若しくは派遣事業を行う事業所PDF

*選任報告書の提出先 → 事業所を管轄するハローワーク

「推進員」の選任基準

 原則として、従業員のうちから人事担当責任者等の採用・選考に関する事項または職業紹介に関する事項について相当の権限を有する方を選任してください。

「推進員」の役割

 「推進員」は、就職の機会均等を確保するという視点に立って、次の事項について中心的な役割を担っていただきます。

  • 公正採用選考システムの確立を図ること
  • 職業安定機関との連絡に関すること
  • その他、当該事業所において必要とする対策の樹立及び推進に関すること

和歌山労働局・ハローワーク(公共職業安定所)

このページのトップに戻る

 

 

和歌山労働局 〒640-8581 和歌山市黒田二丁目3番3号 和歌山労働総合庁舎

Copyright(c)2000-2011 Wakayama Labor Bureau.All rights reserved.