厚生労働省 静岡労働局

 

 

(写真提供:静岡県観光協会)

ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 安全衛生関係 > 法令・制度 > 第三次産業(サービス業)の労働災害防止対策

第三次産業(サービス業)の労働災害を防止しましょう!(令和3年6月)

 

     第三次産業(サービス業)の労働災害が増えています!

 

   サービス業の労働災害は年々増加しており、令和2年は平成28年と比べると約10%の増加となりました。

   傾向として、高年齢労働者(50歳以上の方)の労働災害、転倒による労働災害、が多く発生しています。

   そのため、「安全で安心な店舗・施設づくり推進運動」を実施し、本社・本部と店舗・施設でコミュニケーションを
  取りながら、3STEP×3アクションを推進してください。


                                                                                      


 
     皆様の取組み事例を募集しています!!  
  
   年々増加していくサービス業の労働災害を防止するため、静岡労働局では、サービス業に関わる皆様の
  労働災害防止のための取組み事例を募集しています。


                                  

                                                                           

 

令和3年度「見える」安全活動コンクールが開催されます!(令和3年7月)

   今年度も、あんぜんプロジェクトにおいて、「見える」安全活動コンクールが開催されます。今回の募集項目に
 は、新たに「ナッジ(※1)を活用した「見える化」」が追加されました。
   募集期間は令和3年8月2日~令和3年9月30日で、投票期間は令和3年11月1日~令和3年12月31日です。
   過去のコンクール事例も参考にしていただき、上記のサービス業取組み事例募集とともに、コンクール事例の応 
 募もお願いします!(※2)


   ※1「ナッジ」とは…「人がより望ましい行動を自発的に選択するよう手助けする工夫や仕組み」のことで、例えばある物の置き場を明示することによって、それを正しい
      置き場に片づけさせることを誘発する事例が該当します。
   ※2「①取組み事例募集」と「②コンクール」の違い…①は静岡労働局が独自に行っているもので、②は厚生労働省が全国的に展開しているものです。①は決まった様 
      式はありませんが、②は決められた様式により運営事務局にメールで応募するものですので、②の応募にあわせて①としても静岡労働局あて応募いただけるとあ
      りがたいです。



                       令和3年度「見える」安全活動コンクール特設サイト
                       厚生労働省報道発表ページ


                             
  


 

 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 054-254-6314

このページのトップに戻る

労働基準部のページ.png 職業安定部のページ.png 雇用環境・均等室.png   静岡労働局メールマガジン

 

静岡労働局 〒420-8639 静岡市葵区追手町9番50号 静岡地方合同庁舎 3階、5階

Copyright(c)2000-2011 Shizuoka Labor Bureau.All rights reserved.