厚生労働省 群馬労働局

> サイトマップ > お問い合わせ> よくあるご質問
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 安全衛生関係 > 労働災害防止計画・総合対策
各種法令・制度・手続き

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

労働災害防止計画・総合対策

第13次労働災害防止計画 

「労働災害防止計画」とは、労働災害を減少させるために国が重点的に取り組む事項を定めた中期計画です。厚生労働省は、2018年4月~2022年3月までの5年間を計画期間とする「第13次労働災害防止計画」を2018年2月28日に策定し、3月19日に公示しました。

 

厚生労働省群馬労働局は、国が策定した第13次労働災害防止計画を基本に、群馬労働局管内の状況を踏まえ、事業者、労働者等の関係者が目指す目標や重点的に取り組むべき事項を定めた「第13次労働災害防止推進計画」を策定しました。

 

 働く方々の一人一人がかけがえのない存在であり、すべての労働者が安心して健康に働くことができる社会を実現させるため、それぞれの事業場において、一人の被災者も出さないという基本理念の下、働く方々の一人一人が、より良い将来の展望を持ち得るような社会としていくためには、日々の仕事が安全で健康的なものとなるよう、不断の努力が必要です。

 

また、一人一人の意思や能力、そして置かれた個々の事情に応じた、多様で柔軟な働き方を選択する社会への移行が進んでいく中で、従来からある単線型のキャリアパスを前提とする働き方だけでなく、正規・非正規といった働き方の違い、兼業、副業、個人請負といった働き方においても、安全や健康が確保されなければなりません。

 

さらに、就業構造の変化等に対応した、高齢者、非正規雇用労働者、外国人労働者、障害を抱えた労働者の安全と健康の確保や、疾病を抱える労働者の治療と仕事の両立について、これを当然のこととして受け入れていく社会を実現しなければなりません。

 

 

 

群馬局版リーフレット(PDF:828KB) 

 

 

 


第9次粉じん障害防止総合対策

 新たにじん肺の所見がみられた労働者の数は、粉じん障害防止規則が全面施行された昭和56年と比べ、大幅に減少し、平成28年においては全国で122 人となっているものの、じん肺新規有所見労働者は依然として発生しており、引き続き粉じんばく露防止対策を推進することが重要です。

 

 群馬労働局では、粉じん障害防止対策をより一層推進するため、第9次粉じん障害防止総合対策(2018年度~2022年度)を策定しました。

 

 本総合対策では、8次にわたる粉じん障害防止の推進状況を踏まえ、粉じん障害防止規則及びじん肺法の各規定に定める措置、より防護係数の高い呼吸用保護具の使用等、粉じんによる健康障害を防止するための自主的取組を推進するため、中長期的な観点に立ち、対策の重点事項、労働基準行政が実施する事項及び、事業者が講じなければならない措置等のうち重点事項を示し、その周知及び当該措置の実施の徹底等を図ることにより、粉じん障害防止対策のより一層の推進を図ることを目的としています。

 

群馬労働局第9次粉じん障害防止総合対策(PDF:102KB)

粉じん障害を防止するため事業者が重点的に構図べき措置(PDF:118KB)

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 027-896-4736

労働基準監督官の募集・採用

相談窓口一覧 check-roudou.png mukitenkan.png

群馬労働局 〒371-8567  前橋市大手町2丁目3番1号 前橋地方合同庁舎8・9階
                  〒371-0854  前橋市大渡町1丁目10番7号 群馬県公社総合ビル9階  

Copyright(c)2000-2011 Gunma Labor Bureau.All rights reserved.