宮城労働局

情報公開と個人情報保護

 

■情報公開と個人情報保護の制度

情報公開制度

「行政機関の保有する情報の公開に関する法律」においては、国民に対し政府の説明責任を全うする観点から、行政機関が保有する文書についての開示請求権等を定めています。

保有個人情報保護制度

「行政機関個人情報保護法」においては、行政機関が守るべき個人情報の取扱いに関するルールとして、保有の制限、利用目的の明示、正確性の確保、安全確保の措置、個人情報の取扱いに従事する者の義務及び利用・提供の制限等を定めています。
また、同法に基づき、誰でも、行政機関に対して、自己を本人とする保有個人情報の開示を請求できるほか、開示を受けた保有個人情報について訂正や利用の停止を請求することもできます。
 

(参考)情報公開と個人情報保護(厚生労働省ホームページ)

 
 

■宮城労働局における情報公開制度と保有個人情報保護制度の手続

宮城労働局では、情報公開制度と保有個人情報保護制度の手続に関し、総務部総務課に「情報公開窓口」及び「個人情報保護窓口」を設け、宮城労働局、県内の各労働基準監督署及び公共職業安定所(ハローワーク)が保有する行政文書の情報公開及び保有する個人情報の開示請求等の相談・受付を行なっております。
なお、各労働基準監督署及び各公共職業安定所(ハローワーク)では、開示請求の受付は行なっておりませんので、ご注意ください。

情報公開制度の手続

保有個人情報保護制度の手続

 
 

■行政文書の保存期間

宮城労働局、県内の各労働基準監督署及び公共職業安定所が保有する行政文書とその文書の保存期間(保存期間表)については、次のとおり定めています。
 

【標準文書保存期間基準(保存期間表)】

 ・総務部
雇用環境・均等室
労働基準部
職業安定部
労働基準監督署
公共職業安定所

 

(参考)厚生労働省行政文書管理規則

 
 
・宮城労働局(総務課)TEL(022)299-8833
・総務省東北管区行政評価局
  (情報公開・個人情報保護総合案内所
お問い合わせ先