ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > トピックス > 2017年度 > 障害者雇用義務の対象に精神障害者が加わりました

障害者雇用義務の対象に精神障害者が加わりました

 

  ■障害者雇用義務の対象に精神障害者が加わりました。

   1番目.png

   

  ■障害者の雇用により、以下のことが期待されます。 

    2番目.png 

 

 

  ■リーフレットはこちら↓  

   精神障害者が加わります.png

 

  ■法定雇用率が、平成30年4月1日から以下のように変わりました。

   3番目.png 

   *今回の変更に伴い、障害者雇用義務の民間企業の範囲が、従業員50人以上から45.5人以上に

    変わりました。

  

  ■平成30年4月1日から精神障害者である短時間労働者の算定方法が変わりました。

   *精神障害者の職場定着を促進するため、法定雇用率制度や障害者雇用納付金制度において、

    精神障害者である短時間労働者(※)に関する算定方法が、以下のように見直されました。

    (※1週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満である方です。)  

   4番目.png

   (※精神障害者(発達障害者を含む)で障害者雇用数に算入できる者は、「精神障害者保健福祉

    手帳」を取得している者です。) 

 

  従業員に精神障害等について学んで欲しい場合(精神・発達障害者しごとサポーター養成講座)

    ハローワークが行う精神・発達障害者しごとサポーター養成講座(出前講座)についてはこちら↓

   出前 表.png  出前 裏.png

          

  ■精神障害者雇用促進のページ(厚生労働省ホームページへリンクします)

   バナー画像.png

 

この記事に関するお問い合わせ先

職業安定部 職業対策課 TEL : 03-3512-1664

このページのトップに戻る

わかものハローワーク公正な採用選考

新部.pngメンタルヘルス対策労働安全衛生法に基づく免許証セクシュアルハラスメントによる労災請求相談HPバナー(妊娠・産休・育休).png

東京労働局標章 〒102-8305 東京都千代田区九段南1-2-1                            

Copyright(c)2000-2017 Tokyo Labor Bureau.All rights reserved.