平成30年の宮崎県内における労働災害発生状況

平成30年の宮崎県内における労働災害発生状況について(令和元年5月20日付け宮崎労働局報道発表資料)

~死傷災害(死亡・休業4日以上)が前年比36人増(転倒災害及び墜落・転落災害が多発)~

 平成30 年は労働災害による死亡者数が9人で、前年を大きく下回り、7年ぶりに一桁台を回復したものの、休業4日以上(死亡災害を含む)の死傷者数は1334人と、前年より36名も増加しました。また年齢別に見ると高齢労働者による災害の割合が高く、50歳以上の死傷者数が全体の54%を占める状況でした。

 以下の資料(下線部)をクリックしていただくと詳細を確認することが出来ます。

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 0985-38-8835