宮城労働局

妊娠中の女性労働者の新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置が新たに規定されました

 

 新型コロナウイルス感染症の感染が拡大している状況等を踏まえ、妊娠中の女性労働者の母性健康管理を適切に図ることができるよう、男女雇用機会均等法に基づく妊娠中の女性労働者の母性健康管理上の措置に新型コロナウイルス感染症に関する措置が新たに規定され、令和2年5月7日から令和3年3月31日までの間、適用されます。

令和2年5月7日報道発表資料


■妊娠中の女性労働者等への配慮に向けた取り組みについて

 
 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、各企業の方が妊娠中の女性労働者等への配慮に向けた取組を実施するに当たっての利用可能な制度等や、妊婦の方向けの注意点や発熱時の対応について記載しています。
 
※妊娠中の女性労働者が休みやすい環境整備(有給の特別休暇制度の導入など)について雇用環境・均等室(022-299-8844)で相談に応じています。
 
〇企業の方向け リーフレット1 リーフレット2
 
〇妊婦の方向け リーフレット
 
厚生労働省による経済団体や労働団体への要請
令和2年4月1日付け要請に係る報道発表資料
令和2年4月10日付け要請に係る報道発表資料
令和2年4月13日付け要請に係る報道発表資料
厚生労働省大臣政務官による直接要請に係る報道発表資料

 


 

・宮城労働局(雇用環境・均等室)TEL(022) 299-8844
お問い合わせ先