今日はお休みしています。この冬はリラックス、リラックス。

新しい働き方・休み方を実践するために年次有給休暇を上手に活用しましょう

 事業主の皆様へ
 
年次有給休暇(以下、「年休」という。)は、労働基準法で定められた労働者に与えられた権利です。
・半年間継続して雇われている
・全労働日の8割以上を出勤している
の2点を満たしていれば、年休を取得することができます。
更に、平成31年4月より、使用者は、法定の年休付与日数が10日以上の全ての労働者に対し、毎年5日間、年休を確実に取得させることが必要となりました。
一方で、令和2年の年休取得率は、56.6%と、毎年上昇傾向ではあるものの、依然として、政府目標である70%とは大きな乖離があります。
 
年休の取得は労働者の健康と生活に役立つだけでなく、労働者の心身の疲労の回復、生産性の向上など会社にとっても大きなメリットがあります。
年休の取得が進んでいる企業では、業務の進行状況等について、所属長のみならず、同僚等も把握し、仕事を個人ではなくチームで行うことにより、休みやすい職場環境にしています。
また、年休の「計画的付与制度」の導入や「時間単位の年休制度」の活用も効果的です。
年休の計画的付与制度を導入している企業は、導入していない企業よりも年休の取得率が高くなっています。
また、時間単位の年休制度は、労働者の様々な事情に応じた柔軟な働き方・休み方に資するものです。
経営者の主導のもと、取得の呼びかけなどによる年休を取得しやすい雰囲気づくりや労使の意識改革をしましょう。
併せて、年休の取得状況を確認するとともに、取得率向上に向けた具体的な方策を話し合いましょう。

(リーフレット) 今日はお休みしています。リラックス、リラックス。

●働き方・休み方改善ポータルサイト



 

問い合わせ

この記事に関するお問い合わせ先

雇用環境・均等室

TEL
083-995-0390

その他関連情報

〒753-8510 山口市中河原町6番16号山口地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2022 Yamaguchi Labor Bureau.All rights reserved.