ニュース&トピックス企業の方へ留学生の方へ転職者の方へ外国人センターのご案内
イメージ画像
ホーム > ニュース&トピックス> 外国人留学生の国内就職支援協定について
ニュース&トピックス
外国人留学生・転職者の皆様へ
留学生の皆様へ

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

◆ハローワーク新宿では、上智大学と
「外国人留学生の国内就職支援協定」を全国で初めて締結しました!

全 国 初!
上智大学 × ハローワーク新宿
(東京外国人雇用サービスセンター)
 
外国人留学生の国内就職支援に関する大学とハローワークの連携協定を締結
 
    上智大学(学長 曄道 佳明)とハローワーク新宿(新宿公共職業安定所 所長 永野 靖)は、「外国人留学生の国内就職支援に関する協定」を全国で初めて締結しました。
    本協定に基づき、外国人留学生の日本国内での就職活動における課題解決に向けた、留学早期の段階から大学とハローワーク(東京外国人雇用サービスセンター)の連携による一貫した国内就職のための支援を実施します。

【協定の概要】










 

 

【調印式】
 令和2年11月5日、上智大学 国際会議場において、本協定の調印式を執り行いました。
 


【上智大学 曄道学長(左) ハローワーク新宿 永野所長(右)】



(曄道 佳明 上智大学学長のコメント)
    「外国人留学生の国内就職支援に関する協定を大学としては初めて締結するということで、大変光栄である。日本特有の就職環境についての知識を早いうちから得て、効果的な就職活動をし、卒業と同時に社会に羽ばたいてほしい。外国人留学生のもつ多様な魅力、日本人にはない感性や個性が評価され、貢献する外国人材が増えることで、ひいては日本社会の活性化につながってゆくことに期待する。」



(永野 靖 ハローワーク新宿所長のコメント)
    「卒業後も日本の企業で働きたい外国人留学生は65%いるが、就職は卒業生の35%にとどまっている。我が国独特の就職活動のスケジュールや活動方法についての理解不足から、うまく内定が得られないことなどが課題として考えられる。そこで官学が連携して、入学後間もない段階から個々の外国人留学生の状況に応じて、日本型雇用慣行や就職活動の方法について理解してもらうことにより、一人でも多く就職し、定着してもらうことを目的として本協定を締結した。全国初となる本協定をモデルとして、他の大学や東京以外の地域への展開を期待する。」





 

各種セミナー.jpg インターンシップ制度.jpgimg_logo_site.jpgコピーlogo.png
プライバシーポリシー  |  利用規約外国人雇用サービスセンターへのご意見

東京外国人雇用サービスセンター

〒160-0004東京都新宿区四谷1丁目6番1号コモレ四谷 四谷タワー 13階

Copyright(c)2011-2012 Tokyo Labor Bureau.All rights reserved.