画面は自動的に最新情報へ更新されませんので、更新する際は画面上部の図2.png(更新アイコン)をクリックするか、または「F 5」を押してしてください。 
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 労働局について > 業務内容 > 労働基準部 > 健康診断個人票、健康診断結果報告書に医師等の押印が不要となりました

健康診断個人票、健康診断結果報告書に医師等の押印が不要となりました


  じん肺法や労働安全衛生法等に基づき各種健康診断やストレスチェックを実施した場合において、事業者が作成・保存することになっている健康診断個人票等及び労働基準監督署長に提出することとなっている定期健康診断結果報告書等について、その電子化や電子申請の促進の観点から、健康診断個人票等及び定期健康診断等の様式中、医師、歯科医師又は産業医の押印や電子署名(以下、「押印等」という。)が不要となりました。
 
【改正の内容】
  1 健康診断個人票等について、医師等の押印を不要とする。

  2 定期健康診断結果報告書等について、産業医の押印を不要とする。


【施行日】
 令和2年8月28日

 
 
 

パンフレットのダウンロード [PDF 666 KB]
 

 

ハローワークインターネットサービス.jpg bana.png  bana-job.png仕事・住まい・生活.jpg 新卒者・既卒者の皆様へ.jpg育MEN.jpg女性の活躍を推進します.jpg厚労省人事労務マガジン.jpg あんぜんプロジエクト.jpgこころの耳.jpg2015127154417.gifあかるい職場応援団.jpg労災年金受給者の皆様へ.jpgアスベスト.jpgまんが.jpgehime.jpgoshigoto_adviser_banner.jpg 20146911147.png 2016829134710.png ズ.jpg

 

愛媛労働局 〒790-8538 松山市若草町4-3 松山若草合同庁舎5階、6階

Copyright(c)2000-2011 Ehime Labor Bureau.All rights reserved.