ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > トピックス > 2010年度 > 監督署の指導による賃金不払残業の是正結果

監督署の指導による賃金不払残業の是正結果
―平成21年度は約1億8,800万円―

平成22年11月2日
労働基準部監督課

「_」  平成21年4月から平成22年3月までの1年間に、残業などに係る割増賃金の支払について青森県内の6つの労働基準監督署が是正を指導した事案のうち、1企業あたり100万円以上の割増賃金が支払われた事案は19件(前年度比3件増)、対象労働者数921人(前年度比54人減)、是正金額1億8,838万円(前年度比6,127万円増)と、対象労働者数は減ったものの、対象件数、金額は前年度に比べ増加しました。
 
「_」  さらにこのうち、1,000万円以上であった事案は1件(前年度比2件減)、対象労働者225人(前年度比200人減)に止まったが、是正金額1億3,652万と1億円を突破しました。
 
「_」  青森労働局では、今後とも重点的な監督指導の実施や、11月の「労働時間適正化キャンペーン」などにより賃金不払残業の解消を図っていくこととしています。
本文はここまで
このページのトップに戻る

  【バナー】改正育介法.jpg こころの耳 監督2.png


あかるい職場応援団    ジョブカード 日本はひとつしごとプロジェクト    弘前就労支援センター.png  

青森労働局 〒030-8558 青森市新町2-4-25 青森合同庁舎 

(代表)017-734-4111

Copyright(c)2000-2014 Aomori Labor Bureau.All rights reserved.