令和2年度「『見える』安全活動コンクール」を実施します

-「見える」安全活動の創意工夫事例を募集-

 厚生労働省では、労働災害防止に向けた事業場・企業の取組み事例を募集・公開し、国民からの投票等により優良事例を選ぶ、令和2年度「『見える』安全活動コンクール」を実施します。
 
 実施スケジュール(予定) 
    募集期間:令和2年8月3日(月)~令和2年9月30日(水)
    投票期間:令和2年11月2日(月)~令和2年12月31日(木)
    結果発表:令和3年2月下旬
 
 
 このコンクールは、安全活動に熱心に取り組んでいる事業場等が国民や取引先に注目される運動「あんぜんプロジェクト」の一環として実施するもので、平成23年度より実施しており、今年度で10回目を迎えます。
 
 「見える」安全活動とは、職場に潜む視覚的にとらえられない危険性、有害性を可視化(見える化)すること、また、それを活用することによる効果的な取組みをいいます。
 
 本年度は、昨年度に引き続き、高年齢労働者が安全で安心して働くことのできる職場環境の整備に関する先進的な取組み(「高年齢労働者の特性等に配慮した労働災害防止の『見える化』」)を募集します。
 この取組みに応募した事業場等については、厚生労働省で例年実施している「安全衛生に係る優良事業場、団体又は功労者に対する厚生労働大臣表彰」の表彰候補として検討することとしています。
 応募業種に制限はなく、全業種が対象です。奮ってご応募ください。
 
詳細は、こちら(厚生労働省報道発表ページ)
 
(参考)
 〇「『見える』安全活動コンクール」特設ページ
 〇あんぜんプロジェクト周知用リーフレット [ PDF - 2MB ]
 

その他関連情報

情報配信サービス

〒400-8577 甲府市丸の内1丁目1番11号

Copyright(c)2000-2011 Yamanashi Labor Bureau.All rights reserved.