失業等給付の「被保険者期間」の算定方法が変わります

 令和2年8月1日以降に退職された方は、離職日から1か月ごと区切っていた期間に、賃金の支払の基礎となる日数が11日以上、または、賃金支払の基礎となった労働時間数が80時間以上ある月を1か月として計算することとなります。

問い合わせ

この記事に関するお問い合わせ先

職業安定部職業安定課

TEL
083-995-0382

その他関連情報

〒753-8510 山口市中河原町6番16号山口地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2020 Yamaguchi Labor Bureau.All rights reserved.