ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報労働局について
ホーム > 労働局について > 業務内容 > 雇用環境・均等室 > 働き方改革・休暇の取得促進について

働き方改革・休暇の取得促進について

 

働き方改革の推進について

  ヤッピー

        やまがた労働局では、労働人口が減少していく中、女性や高齢者が働き

      やすく、また、意欲と能力のあるが活躍しやすい職場環境を作り、労働生産

      性を上げて成長を持続させるため、長時間労働の削減、年次有給休暇 

      取得促進等「働き方改革」の実現に向けた取組を推進しています

       

              


●「山形県正社員転換・働き方改革等推進会議」

  山形県内の主な労働者団体、使用者団体及び行政機関が参集し、正社員転換・働き方改革等に向

 けた県内での取組についての事例発表等を踏まえた意見交換を行い、今後の取組に資することを目

 的に開催。

 

    ・平成28年度(平成29年2月10日 )会議開催状況はこちらから
    
平成29年度(平成29年11月29日)会議開催状況はこちらから
      

 


●企業の取組事例 

株式会社 斎藤板金工業所(鶴岡市)

医療法人社団順仁堂 順仁堂 遊佐病院(遊佐町) 

山形陸運株式会社(山形市) 

株式会社  タイヨウ(山形市)

株式会社キリウ山形(舟形町) 

医療法人社団愛陽会  三川病院(三川町)

山形信用金庫(山形市)    

 


●年次有給休暇の取得促進の推進

   年次有給休暇の取得促進については、「仕事と生活の調和推進のための行動指針」(平成22年6月改訂)で掲げられた2020年までに年次有給休暇の取得率を70%に引き上げるとした目標が掲げられていますが、本県の年次有給休暇の取得率は平成28年で49.7%に留まっており、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現のためには、より一層積極的な施策の展開が求められています。
   また、「ニッポン一億総活躍プラン」(平成28年6月2日閣議決定)においても、「企業における労使一体で年次有給休暇の取得向上」が掲げられ、年次有給休暇の取得を一層促進する取組が求められているところです。

    
●ゴールデンウイークにおける年次有給休暇取得促進の取組みについて
   ゴールデンウイークにおける年次有給休暇の取得を促進し、併せて、この機会に、年次有給休暇を取得しやすい環境整備や来年度の年次有給休暇の計画的付与等について、労使で話し合いを実施していただき、しっかり休める職場づくりにお取組みいただくようお願いいたします。

                                                             ゴールデンウイークにおける年次有給休暇の取得促進についてのリーフレット画像です

画像クリックでリーフレットがご覧いただけます


 

●年末年始における年次有給休暇の取得促進の取組みについて

   山形労働局では年次有給休暇の取得しやすい年末年始における連続休暇の取得促進に向け社会的気運の醸成を図るとともに、来年(来年度)の年次有給休暇の計画的付与等の促進を図るため、労使に対する働きかけを行っています。 

 

年末年始年休取得促進リーフ 

 

画像クリックでリーフレットがご覧いただけます 

 

●10月における年次休暇取得促進の取組みについて
   10月における年次有給休暇の取得を促進し、併せて、この機会に年次有給休暇を取得しすい環境整備や来年(年度)の年次有給休暇の計画的付与等について、労使で話し合いを施していただき、しっかり休める職場づくりにお取組みいただくようお願いします。

 

29.9年休取得促進資料

 

画像クリックでリーフレットがご覧いただけます

 

 

●夏期における「プラスワン休暇」の取組について

   山形労働局では年次有給休暇を取得しやすい夏期における連続休暇の取得促進に向けての社会的機運の醸成をはかるため、ポスター及びリーフレットを掲示する等により、労使に対する働きかけを行っています。 

 

                            仕事休もっ化計画リーフレット  年次有給休暇を活用して新庄まつりを盛り上げよう     

画像クリックでリーフレットがご覧いただけます

 


●「夏の生活スタイル変革」(ゆう活)の推進

 明るい時間が長い夏の間は、朝早い時間に仕事を始め早めに仕事を終え、夕方からは家族や友人との時間を楽しむ働き方を提案します。 

ゆう活マーク  民間企業における「ゆう活」の取組状況(厚生労働省HP)

  ゆう活をはじめよう!夕方を楽しく活かす働き方(政府広報オンライン)

  ・山形労働局報道発表資料はこちらから

  ・山形労働局「ゆう活」推進実施状況

  ・企業の取組事例(A社)

   ジャスト株式会社(上山市)

 


●働き方・休み方改善コンサルタントのご案内 

    ~お気軽にご相談ください~ 無料で相談にお答えします。

  • 労働時間管理の具体的な方法を知りたい
  • 長時間労働をなくしたい
  • 年次有給休暇を時間単位で取得できるようにしたい
  • 労働時間、休日のルールを教えてほしい
  • 変形労働時間について知りたい    など 

    山形労働局では、労働時間設定の見直し(所定外労働の削減、各種変形労働時間制の導入、時間

      単位 年次有給休暇制度の導入、就業規則や36協定の整備等)に意欲のある企業を支援させてい

   ただくために労務管理に関する専門的知識と経験を有する働き方・休み方改善コンサルタントを設

   置し、労働時間に関する相談やコンサルティング(事業場を直接訪問し労務管理等の問題点の解

   決策について助言等を行うこと)無料で行っております。ぜひご活用ください。

 

    コンサルティングを希望される方は、お手数ですが 利用申込書にご記入のうえFAXまたは郵送で

  送付してください。後日、担当者様へご連絡させていただきます。

    働き方・休み方改善コンサルタントの相談やコンサルティングは、各事業場における自主的な労

  務管理の改善をサポートするものです。労働基準監督署行う立り調査 とは異なるものです。

 

      働き方・休み方改善コンサルタントについての問い合わせ・申込書はこちらから(275KB; icon_pdf.gifPDFファイル)


 

●山形県働き方改革推進支援センター(山形商工会議所内)
   [事業内容]
   非正規雇用労働者の処遇改善
   時間外労働の上限規制への対応に向けた弾力的な労働時間制度の構築
   生産性向上による賃金引上げ
   人材の定着確保のための雇用管理改善
   業種の特性に応じた業務プロセス等の見直し など

  上記課題の解決に向けた総合的な支援を行います
   [支援内容]
   窓口相談等による個別支援
   労務管理の専門家による企業訪問支援
  出張相談会、事業者向けセミナー、説明会を県内各地で開催

  次のようなご相談を受け付けます
   ・賃金規定の定め方について教えて欲しい
   ・36協定について教えて欲しい
   ・残業時間を減らす方法について
   ・助成金について教えて欲しい
   ・就業規則の改定について教えて欲しい
   ・なかなか採用できないが、良い方法はないか

  山形県働き方改革推進支援センター
   山形市七日町3-1-9
   フリーダイヤル 0800-800-9902

   その他、相談をFAXで受け付けています → 申込書はこちらからダウンロードできます
(277KB;PDFファイル)
   受付時間 9時00分~17時00分 土、日、祝日を除く
 

 


●労働環境改善に関わる助成金のご案内 

   これまでの雇用管理を見直し、雇用を改善することで労働者の意欲が高まり、職場定着、さらに生産性向上

  に結びつき事業所の発展につながります。改善に意欲的な事業所支援する助成金を、ぜひご活用ください。

 

   ●業務改善助成金 

     中小企業の生産性向上を支援します! 最低賃金引き上げ支援です。

     生産性向上のための設備投資などを行って、事業場内の最低賃金を一定額以上引き上げた場合、

    その設備投資などの費用を助成する制度です。

      事業場内の最低賃金1000円未満の中小企業・小規模事業者が対象となります。

     最低賃金の引き上げ額が異なる2つのコースから選べます。

       

平成30年度業務改善助成金のご案内リーフレットの画像です

 画像クリックでリーフレットがご覧いただけます 

 

    時間外労働等改善助成金

     助成金を活用 して働く方の健康やワーク・ライフ・バランスを推進!!

     中小企業事業主対象。

     以下五つのコース支援します。 

     ・職場意識改善コース  詳しくはこちらからご覧いただけます
                 生産性の向上を図ることにより、所定外労働の削減や年次有給休暇の取得促進を行った場合

        年次有給休暇の取得促進、所定外労働の削減を行った場合

     ・時間外労働上限設定コース ➜ 詳しくはこちらからご覧いただけます

        労働基準法第36条第1項の協定で定める労働時間の延長の限度等に関する基準に規定されて
               いる限度時間を超える時間数で36協定を締結している
事業主が、限度基準以下に上限設定を短縮し

        た場合

     ・勤務時間インターバル導入コース ➜ 詳しくはこちらからご覧いただけます

        過重労働の防止及び長時間労働を抑制するため休息時間数が9時間以上の勤務時間インターバ

        ルを導入した場合 

     ・テレワークコース ➜ 詳しくはこちらからご覧いただけます

         多様な働き方に対応するため、テレワークを導入した場合
           
・団体推進コース(新設) ➜ 詳しくはこちらからご覧いただけます
                     中小企業事業主団体やその連合団体が、その傘下の事業主(雇用する労働者あり)の労働者の労働条件の
                     改善のために、時間外労働の削減や賃金引上げに向けた取組を実施した場合 

ヤッピー

          

   ● キャリアアップ助成金  (非正規雇用対策) 

     正社員化コース、処遇改善関係コース(以下6コース)で支援します

     ・賃金規程等改定コース

         有期契約労働者等の賃金規定等を増額改定、昇給をはかった場合

     ・健康診断制度コース 

         有期契約労働者等対象に「法定外の健康診断制度」を新たに規定・実施した場合

     ・賃金規程定等共通化コース

         有期契約労働者等と正規労働者との共通の賃金規定等を新たに規定・適用した場合

     ・諸手当制度共通化コース

         有期契約労働者等と正規労働者との共通の諸手当制度を新たに規定・適用した場合

     ・選択的適用拡大導入時処遇改善コース

         労使合意に基づき短時間労働者の社会保険の適用拡大を実施した際に、有期契約労働者等の

         賃金引上げを実施した場合

     ・短時間労働者労働時間延長コース

          短時間労働者の所定労働時間を延長し、社会保険を適用した場合

 

 

ヤッピー 助成金のお問合せやご相談は、お近くのハローワーク、労働局へ

 助成金ガイド「人財万歳」もご活用ください。画像クリックで様々な

  助成金がご覧いただけます。

            人財万歳助成金ガイド

 

 

 

             

 

 

 

 

     

                                                                 

この記事に関するお問い合わせ先

雇用環境・均等室 TEL : 0 2 3 - 6 2 4 - 8 2 2 8      FAX : 0 2 3 - 6 2 4 - 8 2 4 6

山形労働局 〒990-8567 山形市香澄町3丁目2番1号 山交ビル3階

Copyright(c)2000-2016 Yamagata Labor Bureau.All rights reserved.