新型コロナウイルス感染症に係る労働相談については特別労働相談窓口までお問い合わせください。「企業が有給の特別休暇を導入してくれない」、「妊娠中の女性に対する配慮をしてくれない」等の相談にも応じます。

【特別労働相談窓口】
●開設場所
①和歌山労働局 雇用環境・均等室 「総合労働相談コーナー」
所在地 和歌山市黒田二丁目3番3号 和歌山労働総合庁舎4階
電 話 073-488-1020

②和歌山労働局 雇用環境・均等室 「母性健康管理措置等に係る特別相談窓口」
 所在地 和歌山市黒田二丁目3番3号 和歌山労働総合庁舎4階
 電 話 073-488-1170

③和歌山労働基準監督署 「総合労働相談コーナー」
 所在地 和歌山市黒田二丁目3番3号 和歌山労働総合庁舎1階
 電 話 073-407-2203

④和歌山公共職業安定所 事業所サービス部門
所在地 和歌山市美園町五丁目4-7 
電 話  073-424-9765

●開設時間
8時30分から17時15分まで (土曜・日曜・祝日を除く)
※労働相談の状況はこちら(pdf)


【派遣労働者の相談窓口】
派遣先から予期せぬ労働者派遣契約の契約解除などが行われ、労働契約も解除されてしまった場合など、相談窓口にご連絡ください。

●開設場所
○和歌山労働局 職業安定部需給調整事業室
所在地 和歌山市黒田二丁目3番3号 和歌山労働総合庁舎5階
電 話 073-488-1160
※詳しくはこちら

【新卒者内定取消特別相談窓口】
採用内定取消しや入職時期繰下げにあわれた皆さまのため、新卒者内定取消特別相談窓口を設置しています。

●開設場所  
○わかやま新卒応援ハローワーク
 所在地 和歌山市本町1丁目22番 Wajima本町ビル2階   
 電 話 073-421-1220   
(最寄りのハローワークでも相談を受け付けています。)
※詳しくはこちら(pdf)

【参考資料】
コロナ支援策をまとめた事業主向けのリーフレットはこちら(pdf)
コロナ支援策をまとめた働く方向けのリーフレットはこちら(pdf)
会社に雇われている外国人の方はこちら(For Foreigners Working in Companies)

  ●雇用調整助成金について
新型コロナウィルス感染症の影響により、休業する事業主の方は、雇用調整助成金を活用して従業員の雇用維持に努めていただくようお願いします。
(1)制度や支給申請の仕方
○詳しくは、こちらをご覧ください。
(動画で支給申請のポイントも解説しています。)

※4月1日~9月30日の緊急対応期間中は、全国で、全ての業種の事業主を対象に、雇用調整助成金の特例措置を実施しています。
※小規模事業主の方については、支給申請が以前よりも簡単になりました。


(2)お問い合わせ先
①ご相談や支給申請は、和歌山労働局または最寄りのハローワークにて受け付けております。
お電話またはご来訪によりお問い合わせください。
②コールセンターもご利用いただけます。
<学校等休業助成金・支援金、雇用調整助成金、個人向け緊急小口資金相談コールセンター>
電話番号:0120ー60-3999 受付時間:9:00~21:00(土日・祝日含む)

※現在、大変多くのお問い合わせをいただいており、お電話がつながりにくい場合がございますのでご了承ください。

●新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等に伴う保護者の休暇取得支援(小学校休業等対応助成金・支援金)について
①雇用者・企業の方はこちらをご覧ください。
②委託を受けて個人で仕事をする方はこちらをご覧ください。

●新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金の上限額等の引上げ及び対象期間の延長について(制度改正のお知らせ)
詳しくはこちらをご覧ください

*対象となる有給休暇の期間を12月31日まで延長しました。

■お問い合わせ先
○和歌山労働局雇用環境・均等室(073-488-1170)
○コールセンターもご利用いただけます。
<学校等休業助成金・支援金、雇用調整助成金、個人向け緊急小口資金相談コールセンター>
電話番号:0120ー60-3999
受付時間:9:00~21:00(土日・祝日含む)
個人向け緊急小口資金の相談についてもコールセンターで対応します。

●新型コロナウイルス感染症に係る働き方改革推進支援助成金(テレワークコース、職場意識改善コース)の特例について
詳しくはこちらをご覧ください。

*職場意識改善特例コースについては、交付申請期限を延長しました。交付申請期限は令和3年1月4日までです。
*テレワークコースについては、多数の応募があり、8月12日をもって受付を終了しました。
*新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコースの2次募集は9月18日をもち終了しました。
 
詳しくはこちらをご覧ください。

●働き方改革推進支援助成金(労働時間短縮・年休促進支援コース、勤務間インターバル導入コース)の受付終了について
 
*労働時間短縮・年休促進支援コースについては、多数の申請があり、10月15日をもち受付を終了しました。
  詳しくはこちらをご覧ください。

 *勤務間インターバル導入コースについては、多数の申請があり、10月15日をもち受付を終了しました。
  詳しくはこちらをご覧ください

●両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症関連)
 ・新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援コースについて
  詳しくはこちらをご覧ください。

 ・介護離職防止支援コース「新型コロナウイルス感染症対応特例」について
  詳しくはこちらをご覧ください。 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、病気休暇等の特別休暇制度の導入を検討している企業について、働き方・休み方改善コンサルタントによる電話相談、企業訪問によるコンサルティング支援(就業規則の整備支援等)(無料)を実施します。
 特別労働相談窓口または和歌山労働局雇用環境・均等室(073-488-1170)までお問い合わせください。
 
 和歌山労働局は、労使団体や経済団体に対して、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」に基づき、各事業者が自主的な取り組みを実施するにあたって、事業場で働く方々の感染予防、健康管理の徹底を傘下団体等に周知するよう協力を依頼しました。
 事業者の皆様におかれましては、労働者が安全かつ安心して働ける環境づくりに取り組んでいだきますようよろしくお願いいたします。
 
 
令和2年8月12日協力依頼(PDF)
 1 労務管理の基本的姿勢
 2 職場における感染予防対策の徹底について
 3 配慮が必要な労働者等への対応について
 4 新型コロナウイルス感染症の陽性者等が発生した場合の対応について
 5 新型コロナウイルス感染症に対する正しい情報の収集等
 
 
●別添1    厚生労働省 新型コロナウイルス接触確認アプリ
●別添2-1 職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト
●別添2-2 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に係る職場における集団感染事例
●別添3    新型コロナウイルス職場における「4つ」の対策ポイント
●別添4    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に係る労災認定事例
 
●参考資料1 新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(抜粋)
●参考資料2 「新しい生活様式」の実践例
●参考資料3 新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金をご活用ください
●参考資料4 両立支援等助成金介護離職防止支援コース「新型コロナウイルス感染症対応特例」のご案内
●参考資料5 新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金をご活用ください
●参考資料6 新型コロナウイルスの陽性者等が発生した場合における衛生上の職場の対応ルール(例)
●参考資料7 新型コロナウイルス感染症による労働災害も労働者死傷病報告の提出が必要です。
 
労働局、労働基準監督署及びハローワークの窓口が来庁者の方で混雑いたします。  新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けけ、各種届出・申請などにあたりましては、電子申請や郵送の積極的なご活用をよろしくお願いいたします。  詳しくはこちらをご覧ください。

その他関連情報

情報配信サービス