新型コロナ感染症の影響によるボイラー、クレーン等特定機械の「検査証」の有効期間の延長について


令和2年7月31日までに有効期間が満了する特定機械(※)の検査証について、
新型コロナウイルスのまん延の影響等により、
有効期間内の性能検査が困難であると都道府県労働局長が認めた場合、
有効期間の延長(4ヶ月を超えない範囲)を可能とします。

申請を希望される場合には、
様式1「特定機械等の検査証有効期間延長申請書」 (WORD:13KB)
に、
一覧表 (参考様式 EXCEL:10KB)
(特定機械等の検査証番号、種類、検査証有効期間の末日、性能検査の実施が可能になると見込まれる日を記入したもの)
を添え、事業場の所在地を管轄する都道府県労働局長に申請してください。
(富山労働局長に申請する場合には、申請書類について、正本2セット又は正副2セットをご提出ください。)
(検査証の添付は不要です。)

なお、申請書の提出は、できる限り郵送によることとし、
結果通知書返送用の返信用封筒(簡易書留料金分の切手を貼り付けたもの)を
同封していただきますようお願いいたします。

また、検査証の有効期間が延長された場合であっても、
・当該延長期間に特定機械等を稼働させる場合には、安全確保のために自主点検を実施し、
 その結果に応じて補修その他の必要な措置を講じてください。
・性能検査が可能となった際には、延長期間の終了を待つことなく速やかに性能検査を行ってください。

(※)特定機械とは、
ボイラー、第一種圧力容器、クレーン、移動式クレーン、デリック、エレベーター、建設用リフト、ゴンドラ
をいいますが、建設用リフトは今回の申請の対象外となります。

問い合わせ

お問合せや申請先は、以下のとおりです。

富山労働局 労働基準部 健康安全課

所在地
〒930-8509 富山市神通本町1-5-5 富山労働総合庁舎3階
電話番号
076-432-2731

その他関連情報

情報配信サービス

〒930-8509 富山市神通本町1丁目5番5号富山労働総合庁舎

Copyright(c)2000-2011 Toyama Labor Bureau.All rights reserved.